カーミングシグナル。

ちょっと前にネットなどでちょこちょことお買い物をしました。(日本で)
その荷物が水曜日に届いたんです。

その中の、ひとつ。「カーミングシグナル」の本です。

P1010626_convert_20110415022854.jpg

ちなみに本の横は携帯用のお水入れと器です。
これからの季節の必需品になるかなーとこれは近所で購入しました。

さて本題に戻りますと、カーミングシグナル(calming signals)と言いますのは、簡単に言いますと、犬が何かが起こるのを防ぐ為、人や犬からの脅威を避ける為、不安、恐怖、喧騒、不快な事を静める為に早い段階で出されるシグナルの事です。

例えば、病院の診察室に入ったときにあくびをする。
このあくびをするという行為は緊張をほぐす為に使われるそうです。

他にもシチュエーション毎に意味は変わってきますが、ぺロッと舌を出すや、座る、伏せる、目線を逸らすなどなど、いろんな小さなシグナルを犬は出しているのです。
それをきちんと見つけて、犬がどういう心境なのかを分かってあげる事が大切なんですね。

最初はなかなか難しいですけど、少しずつ少しずつ、勉強していきたいと思います。

まずはとにかくいっしょに過ごすこと。そしてゑびすをよく観察する事。

なんだかんだ言っても、ゑびすはうちにきてまだ5ヶ月。
いっしょに暮らし始めて、たったの5ヶ月なんです。
そんな短い期間でお互いを理解しようというのがだいたい無理がありますよね。
これから少しずついい関係を築いていきたいですね。

そしてこの本ですが、いろいろ他にもカーミングシグナル関連の本はあったのですが、なんとなく評価が良かったコレにしてみました。
読みやすく、ふーんとなるほどと思うことがあってなかなか良かったです。
最初はカーミングシグナルというのは犬がシグナルとして出している感情表現の事かと理解していたのですが、ちょっと違ったようです。
このカーミングシグナルは逆に犬に対して人間も使う事ができるんですね。
例えば、緊張して怯えてる犬に出会ったときに人間が目線を逸らしてあくびをする。
そうすると犬の方が、この人に危険はないと緊張を解くことができるらしいです。
もちろん、ちょっとしたコツとかがあるでしょうから、私達がすぐに実践して通じるかどうかはわかりませんが、なかなかおもしろいなと思いました。
一方通行ではないコミュニケーション術ですね。

ゑびすとも出来る限り多くの時間をいっしょに過ごしていきたいですね。

いい関係築いて行こうね、ゑびす!!

P1010627_convert_20110415030146.jpg いいカンケイ??

P1010628_convert_20110415030218.jpg 姐御と?

P1010629_convert_20110415030226.jpg しゃーないな。

まーそういわずに、これからもよろしく、ゑびす!!
スポンサーサイト
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2011年04月 | 05月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: