魔が差して。

普段の昼間はお庭にいるヱビス。

普通は門は閉めていますが、私達が家にいるときは車の出し入れ時にわざわざ開けるのが面倒で開けっ放しにしているときがたまにあります。

まぁそれでもヱビスが出て行くなんて事はほとんどないです。

信頼関係あってこそ。

P1120778_convert_20140331202150.jpg

だと、思っていたのですが、先日久々にやってくれました。

もちろん、開けっ放しにしていた方が悪いと言えば悪いですが、やっぱりわかってる癖に出て行く方も悪い!!
しかも今回は「出て行く」というより、お散歩中の人に付いていったヱビス。涙
そりゃ、一番ダメだって!!
たまたま近所の人だったのですが、義母が庭の手入れをしていて、家と反対側の道で散歩しているおばあちゃんと孫娘にヱビスがくっついて歩いてるのを見かけたんです。
義母がヱビスに「何やってんの〜?帰っておいで〜」と呼んだらすぐに戻って来たんですが。
近所のおばあちゃんの話によれば、開いている門の前を通りかかった時に、ヱビスが棒っ切れを持って来て投げろと催促したそうで、お孫ちゃんがおもしろがって投げてくれたようで、ずーとお孫ちゃんが投げて、ヱビスが投げてくれを催促して…がエンドレスで着いてきたらしい。

もちろんおばあちゃんもうちの犬ってわかってるから、そのうち帰るだろうと思っていたんでしょうけど、少し離れた時点でお孫ちゃんに投げるのを止めさせてくれたって良かったんじゃないか?と思ったり。

P1120780_convert_20140331202314.jpg

と、まぁ他人に責任転嫁する気はありませんが、ヱビスの人好きにも困ったものです。

ヱビスを誘拐するのって簡単なものでしょうね〜。

普段はカラーも付けてないのでもちろん迷子札などもないので、こうやって連れて行かれたり、誰かに付いていって迷子になってしまったら、もうわかりません。
(とはいえ、近所に住んでる人は限られてるし、ヱビスは近所でもうちの犬ってちゃんと知られてるので大丈夫といえば大丈夫ですが)
いくら田舎で交通量が少ないとはいえ、交通事故も怖いですしね。

P1120782_convert_20140331202440.jpg

しかも、たくさん遊んでもらって大満足顔でいそいそと帰って来たヱビス。
もちろん、私は仁王立ちで待ち構えましたけど。笑

叱られるその時まで悪い事をしたという気持ちがなかった事にも正直驚きました。

まだまだ修行が足りませんね〜。

P1120786_convert_20140331202611.jpg

勝手に知らない人に(知ってる人でも許可なしでは)付いていってはいけません!!

あ〜もっともっとヱビスとの信頼関係をしっかり作っていかなくてはと思い知らされた日でした。

そして、もちろん門も毎度閉めなくちゃな…。

P1120787_convert_20140331202724.jpg

ちなみにこの日は私は自宅横のアトリエで仕事をしていて、旦那は仕事で出ていて、義母は庭の手入れをしていて、旦那がそろそろ帰って来る頃だと思って門を開けていたのですね。
ヱビスもそれを察知して門に近い所で親分の帰りを待ってた所の誘惑だったんです。
一人勝手に出て行く事はないけど、誰かがいるとやはりヱビスは油断できません。
ついつい魔が差して…。

お互い気を付けようね。
スポンサーサイト

田舎の実情。

いよいよ、畑の桜も咲き始めました☆

P1120729_convert_20140330023455.jpg

なんだかウキウキしてしまう、春ですね〜。
でもこの時期、気をつけなければならない事がたくさんあるんです。

ご存知の通りうちは田舎でぶどう畑(ワイン用)のど真ん中です。
自然がいっぱいで羨まし〜などと良く言われますが、そうでもないんですよね〜、実際は。苦笑

だって見て下さい。

P1120734_convert_20140330023851.jpg

これ、わかります??

これは除草剤を撒いた後です。もちろん黄色くなって枯れている所が撒かれている所ですね。
もちろんこのように枯れてしまえばよくわかるのですが、撒いてすぐはもちろんわかりません。
運良く撒いてる現場に出会えば気をつけることもできますが、どこに撒いたか分からない状態という日がもちろんあるんです。
そんな日に運悪くヱビスが草をはむはむしたり、撒かれた上を歩いてしまって、後でナメナメしてしまったりしたら…。
なんて考えるとぞーっとします。
怖いです。怖いです。
なので、この時期は怪しそうな場所にはなるべく行かせないよう気をつけています。

P1120733_convert_20140330023731.jpg

そして次はコレ。

P1120731_convert_20140330023617.jpg

コレも散歩道のあちこちに撒かれていますが、これはぶどう畑用の化学肥料です。
正直何からできているのか知りません。
が、既に色からしてやばいです。

これなんかもボールにくっついてきたりして口に入ったらどうすんのさっ!!
って感じです。

そしてこれも肥料です。
くさいです。
この季節窓を開けるとンコ臭いんですよね〜。ずばり、こいつらのせいです!!

P1120735_convert_20140330024011.jpg

さすがに大人になってヱビスは興味を示す事は無くなりましたが小さい頃は口にしそうになるのを止めるのに必死でした。
だってどの道を通ってもあるんですもの。

と,言いますか、ぶどう畑で働く人よ、肥料などぶどう畑の中だけに撒いてくれ!!
たぶん操作するのが面倒くさいからだろうけど、道路や道にもぜーんぶ垂れ流し状態にするのはやめてくれ!!

と、声を大にして言いたいです。

P1120739_convert_20140330024132.jpg

そしてもうしばらくすると農薬散布の季節がやってきます。
あ〜ヤダヤダ。

P1120741_convert_20140330024255.jpg

もうこういう時代ではないはずなのでなぜだかうちの裏にあるシャトー(醸造所)は未だにこういうやり方してるんですよね〜。
困った物です。
早く気付いて欲しいです。そんなの意味ない事に。
大きな立派なシャトーはこんな仕事の仕方は絶対にしないんだから…。

P1120743_convert_20140330024551.jpg

田舎でももっと素敵な田舎に住みたいわ〜。

P1120748_convert_20140330024729.jpg

住んでみなければ分からない事って本当ありますよね。

P1120759_convert_20140330024853.jpg

とりあえず、いろいろ気をつけながらも楽しくお散歩やっていこうね♪

P1120776_convert_20140330025021.jpg

と、愚痴をヱビスの素敵な写真で紛らわせてみました〜。笑

LOF。

LOF=Livre des Origines Français

何かと言いますと、要は日本で言う所の血統書のようなものです。

「ようなもの」と言うのはフランスは日本と違い血統書が2段階にわかれます。

産まれた時に発行されるLOF。
その後申請と審査が必要なPEDIGREE。

LOFは PEDIGREEを持つ両親犬から産まれ、さらに母犬側のブリーダーがフランスケンネルクラブに申請する事で発行される仔犬の証明書です。
PEDIGREEはLOFを持つ仔犬が12ヶ月から15ヶ月(犬種によって違います)の間にフランスケンネルクラブの申請し、審査をパスした時に与えられる「繁殖可能な犬ですよ」という証明書です。

一般家庭で飼う分においてLOFは重視されますが、PEDIGREEの方はブリーダーでない限り申請する人はほとんどいないようです。

P1120719_convert_20140328022908.jpg

そして、ヱビス。何を隠そう(別に隠しておいたわけではありませんが…苦笑)LOFなしなんです。

日本で言う所の「血統書なし」の犬なんです。
道理で安かったわけだ。笑(ちなみにヱビスは450€でした。だいたいの相場は600€です)
実はヱビスを買う時にそういうところに気をつけていませんでした。
ちゃんとブリーダーさんの所から買ったので付いてて当たり前だと勝手に思っていたんですね。
その後も特に気にしておらず、最近になってそういえばどうなってんだっけ?と思って調べてわかった次第です。苦笑

P1120721_convert_20140328023030.jpg

でも正直言って、血統書なしってどうなんだ??って思いますよね?

そしてこれまた最近知った事なのですが、実はフランスにおいてボーダーコリーだけは血統書が特別なのです。

フランスにおいてボーダーコリーはLOF+シープドッグトライアルの審査を受けてパスした両親犬から産まれた仔犬にしかLOFは発行されません。
なので、ただのLOF同士の仔犬ではLOFにはならないんですね。

P1120722_convert_20140328023320.jpg

ヱビスのお里にはLOF+シープドッグトライアル審査をパスした犬達もいますが、たまたまヱビスのお母さんはどうやらそのシープドッグトライアルの審査を受けてなかったようです。

そういうブリーディングの仕方がいいのかどうかは私では判断できませんが、ブリーダーさんはボーダーコリーの価値よりもただ単純な家庭犬に向いたボーダーコリーというのも作ってみたかったのかもしれません。
そのあたりの真相は私にはわかりません。
ただ悪徳ブリーダーではなさそうなので、何かしら考えがあったと思いたい所です。

と、いうことでヱビスはLOFではありませんが、立派なボーダーコリーに間違いはありません!!(たぶん…笑)
そして私達といっしょに勉強して、アジリティだってがんばるし、トレーニングだってがんばっています。(ちょっぴり怠け者だけど…笑)
さらに、家庭犬としての素質も十分申し分なくとても飼い易い性格です。

今日だって、近所のぶどう畑で働く男の人に(散歩時によく会うんです)よしよしされて、うちの子の嫁にならないか?と誘われていました。笑
一応、男の子なので…。とお断りしたら、え??そうなの??残念!!と言われましたが。笑
器量よし!!のヱビスでもあります!!

P1120724_convert_20140328023437.jpg

ただ、もしいつの日か次の子を迎えることがあれば今度はちゃんとLOFを持った子にしたいと思います。
出来る限り、ボーダーコリーのいい血を残す為に飼う側が出来る事はそういう所なのかなと思います。

やっぱヱビスにボーダーコリーとしての素質はなかったんだなーと納得しました。笑
そりゃ羊見ながらいっしょに草食べるわけだ。笑

まぁでもそれも機会があればシープ体験もさせてみたいなぁという気持ちがまた新たに出てきて、ヱビスとのこれからが益々楽しみにもなりました☆

※このフランスにおける犬の血統書の話は私の理解不足で多少間違った記載がある可能性があります。もちろん、事実でない事を故意に書いているわけではありませんが、詳細が多少違う事もあるかもしれませんのでその辺りご了承下さい。

ワクチン接種と虫下し。

去年までは獣医さんのところからワクチン接種の案内ハガキが来ていたのですが、去年末から以前の先生のところで働いていたお気に入りのミニスカ先生が独立された方の病院に移りまして、今回ハガキなどこなかったばっかりにうっかりしてました。苦笑

毎年1月に受けていたのですが、先日気付いて獣医さんに予約の電話を入れて行ってきました。

とはいえ、獣医さんのお話では成犬になったら特にワクチンを打つ必要はないそうです。
ただ、ワンコホテルなどを利用したり、海外に行く事(ヨーロッパは陸続きなので簡単に車で国境越えれます。)がある場合は必要とのことで、ヱビスは夏にお泊まり予定なのでやっぱり必要。

P1120649_convert_20140327052111.jpg

さて去年も覚え書きに書きましたが、今年はワクチンの種類が違いました。
が、調べてみると内容はだいたい同じもの。
去年と同じく。
-ジステンパー
-肝炎
-レプトスピラ症
-犬パルボウイルス
-狂犬病

それに今回のは犬インフルエンザもリストに入っていたようです。
フランス語なのでなかなか専門用語の解読が難しい…。涙

さて体重は隠れガリ男!!などと言いながらもしっかり18、8kg。笑

肌の調子も毛艶もいい。耳や心臓などもちょこちょこ診てもらいましたが、全く問題なし。

大人になってからすっかり獣医さんが苦手になってしまったヱビスですが、まぁそんなに暴れることなく終わりました。

P1120651_convert_20140327052239.jpg

そして、虫下しのお薬も頂いてきました。
この虫下しって、日本では幼犬の時とか、そういう症状が出た時だけですかね?
こちらでは半年に1回は飲んだほうが良いと言われています。
田舎だからでしょうか??

ちなみに今回虫下しのお薬が以前と変わり、私が見ても、こりゃヱビス騙されないかも?というもので、案の定火曜日の朝のフードに何気に混ぜて与えたら、見事にお薬とその周辺の何粒かのフードだけきれいに残されてました。笑

なんて器用なやつ!!

仕方ないので、お肉を少し追加してまぜてほら残ってるよ〜なんて言ってみましたが、またしても肉だけ完食。笑
こうなれば、ということで、お口を開けて強制的にお薬を入れ、マズルを手でがっちり閉めて上向きにし、ごっくんさせてみましたが、ごっくんのフリで手を放したらペっ。って。笑

どんだけ器用なの??笑

これを5回くらい繰り返して、最終的にはヱビスが根負け?して飲み込みました。
が、本犬も自分が悪いってなんか分かってたようで、その後えらく愛想振りまいてました。笑

まっ半年に一回なのでいいですが、次回からは最初からお薬ですよ〜といってまず飲ませてからご飯にした方がいいだろうなと思いました。
ごまかすより、ちゃんと説明した方がいいのはやはりボーダーらしい。笑

P1120655_convert_20140327052407.jpg
納得いかない顔。笑

これで今年もマダニ以外は安心です。笑

ちなみに日本ではよくフェラリアって聞きますが、どうもこちらにはないようです。
やはりアレって亜熱帯?地域特有のものなんでしょうね。
私が住んでいる所は日本とそんなに変わらない感じだと思っていますが、やはり湿気がない分、違うんでしょうね〜。

マダニも今の所発見していません。
こちらも去年の10月に怪我をして以来予防薬は使用してなかったのですが、3月に入り暖かくなってきてさすがにびびってつけました。
が、これも本来なら月一ですが様子を見ながらやっていきたいと思います。
何にしても病気など予防する事は大切ですが、だからといってそう必要ないものまで使用することはないという考えですし、なんにせよ、あの10月の怪我というか皮膚病のはっきりした原因は結局分からずじまいだったのでこのマダニの予防薬が私は気になっています。

暖かくなってきて楽しい季節ですが、いろいろと注意も必要になってくる時期です。
今年も楽しく過ごしていきたいですね〜。

ってまずは私の花粉症が問題ですが…。涙 がんばろ。

アジリティーレッスン⑮

土曜日はアジのレッスン日でした。

今回もコースを回りをしましたよ♪

そして今回はニューアイテム!!
タイヤです!!

P1120640_convert_20140325050136.jpg

出来るかちょっとどきどきでしたが、ちゃんとできました!!



でもねー(苦笑)
なぜか、これをコースの中に入れると跳ばないんです!!涙
単発ではこのように出来るのですが、コースに組み込むと横を走ったり、跳んでもタイヤの中じゃなくってタイヤと柱の間とか?苦笑

なんか今日は調子がでないらしく、コースが上手く走れない!!
ちなみにコースはドッグウォーク→ハードル→Uターンしてハードル→そのまま一直線にハードル→タイヤ→ハードル。
と、いう特に問題になる障害はないのだけれども、ハードルを跳ばない日でした。

ドッグウォークはね、いつも得意気なんですけどね〜。

一応、先日ワクチン接種のために獣医さんに行った時に、アジを初めて気になってることを2、3質問して診てもらいましたが、特に何も問題なく、健康そのもの。
先生には苦笑いされながら、性格でしょうね〜。うふふ〜。みたいな?笑

スクールの先生とも話したのですが、やはりこのヱビスのハードル跳ばないとかすぐ疲れたフリ?!とかは性格のようです。あんまり仕事好きじゃない?!笑
先生にプチ怠け者呼ばわりされ出したヱビスです。苦笑

アジ自体が苦手とか嫌ってわけではなさそうなのですが、できたらハードルあんまり跳びたくない感じ?笑

どこか痛いとか違和感あるとかだと心配なのですが、レッスン中でなければコマンド出してもないのに一人で跳んでたりしてるから、若干腹が立つ?笑

まぁでも今回は先週にワクチン注射したので本調子ではなかったのもあるでしょうけど、それにしても酷かった。

ドッグウォークだけ。ハードルだけ。ジャンプだけ。でやるときちんとできるのに流してやるとハードル跳ばなくなるという。
何回もさせられて、疲れて集中力なくなって益々できないの悪循環。
親分も初めの1回でちゃんと集中してやればできるのにやろうとしないから何回もやらなくちゃいけなくなるんだぞ!!と。笑
ヱビス、わかってるんだかわかってないんだか…。

こうやって積み重ねていってまたいい関係になっていけたらいいなぁと思います。
いつかはヱビスと私のペアも組んでみたいけど、外から見てるのもなかなかおもしろい。笑

P1120646_convert_20140325050245.jpg

親分、ヱビスがんばれー!!

どぼん。

先日はボールがどぼん。

が、今回はなんとヱビスがどぼん。笑

いや、実際その瞬間は笑えなかったですけど。

そうそれは昨日の朝散歩時。
ボールが落ちたのと同じ小川沿いをいつものように散歩しているとき。
そしていつものようにヱビスは何かに気を取られ、小川を見ている。
小川の向こうは森なのでヱビスはよく小川の向こうとか小川の中とか見るのですが、今まで小川にダイブした事などなかったので、特に気にも止めず。

次の瞬間。

どぼん!!

思わず、「何やってんのーーーーー!!!!」と叫んでしまいました。
ヱビスはきょっとんと小川の中から私を見て、やっべと言わんばかりに小川から上がってきましたが…。

そうね、もうもちろん時既に遅しですよ。

ヱビス、ドロドロ。

私が「何コレ?」「何した?」と矢継ぎ早に責め立ててしまったので、ヱビスお耳ぺったんで私の後ろからとぼとぼと。

なぜそんなに怒るかといいますと、きれいな小川ならまだしも、この小川淀んでいるので臭いんです。

後ろからぽてぽてついてくるヱビスからくっちゃーい臭い…。
今までダイブなんかしたことなかったのに、何がそんなに気になったんでしょうね〜?

その後いつもの広場で遊んで、広場の芝が程よく湿っていたのでヱビスもちょっときれいになりました。笑

P1120615_convert_20140322190429.jpg
水中の何かを狙って突っ込んだらしくお腹、胸、マズルまで。

しかし、まだ臭いは残ってるわ…。涙

P1120616_convert_20140322190551.jpg
この胸からお腹にかけてへどろまみれでした。

もうこんな真似はしないでね。

P1120617_convert_20140322190707.jpg 反省してます。

と、いうことで家に帰ってお腹回りだけまたシャンプーしたヱビスなのでした。

失態と挽回。

先日の散歩時、いつものように道々ボールを蹴りながら行っておりました所。

あ¨ーーー!!

ボールが転々と転がり、小川にちゃっぽん。

P1120598_convert_20140321032127.jpg あ…。

ヱビスが追いかけて入ろうとしたので、すかさず、ストーップ!!@前日にシャンプーしたので。笑

P1120599_convert_20140321032244.jpg 
ここに落ちました。僕見てました。

落ちた現場にヱビスを待たせ、私は長そうな棒を探して持ってきました。
でもちょっと残念な事に小川がキタナイ…。涙

P1120596_convert_20140321032018.jpg じゃーぶじゃぶ。

がんばってじゃぶじゃぶして探してみましたが、ヒットせず。
とりあえず、棒切れを現場に残してその日は退散。

P1120600_convert_20140321032407.jpg 目印です!!

でもヱビスなんか嬉しそう。笑
棒切れ?瘤?を見つけてきて、では今日はコレで遊びましょう。と誘われますが、ソレは無視して、広場で私が休憩する時に使う為にお散歩バックにいつも入れているタオルを結んでボール代わりに!!

P1120603_convert_20140321032535.jpg コレで遊びます!!
ソレでは遊びません。

最初、投げてみたとき、ヱビスは???でコレでは遊べないでしょうとツレナイ反応だったのですが、私が何度かテンションアゲアゲで投げて見せたら乗ってきて。(笑)

P1120604_convert_20140321032658.jpg

結果的にこのタオル遊びもだいぶ気に入ってくれたようでした。笑

P1120608_convert_20140321032820.jpg

そして翌日の散歩時にまた小川を捜索したのですが、この日も見つからず…。
でもここは小川といっても流れがほとんどない溜め水川になっているので絶対に流されずにあるはずと翌日に期待。

P1120609_convert_20140321032945.jpg タオルで遊ぶ?

そして、今日!!
小川の濁りがだいぶきれいになっていて、即発見!!

P1120610_convert_20140321033106.jpg とったどーー!!

無事に救出しましたーーーー!!

P1120612_convert_20140321033222.jpg 僕の。

ヱビスの大切なおもちゃなので大事にしないとね♪
回収出来て一安心です☆

アジリティーレッスン⑭

金曜日の夕方に仕事帰りの先生と合流して練習してきました〜。

今日はまず簡単なコースを作って走ってみましたよ♪

※風の音に注意です。


だいぶアジリティーっぽくなってきましたね。
後はスラロームができるようになれば一通りの障害物はクリアです。(正確に言えばジャンプのタイヤ、パネル、ロングジャンプなどもありますが。)

さて、何気に今日初めてトンネルをしたのですが、何の躊躇もなくスムーズにできました。

そして動画1本目のヱビスのミスに気付かれた方いっらっしゃいますかね〜?笑
実は私もビデオを撮りながら先にばかり目がいってて気付いてませんでした。先生も然り。笑
気付いていたのは旦那だけです。

それはトンネルです。

ビデオにははっきりとは写っていませんが、そういわれて良く見れば違和感に気が付きます。
そうなんです。どうしてそうなったのか、ヱビス入った入り口から出てきています。
タイミング的にもてっきり普通に出口から出てると思っていたのですが、よく見れば同じ場所から出入りしてますね。笑
中でUターンしたらしい。笑
なんかその方が難しそうだけど?笑
入ってすぐに出てきちゃうようなハプニングはあるようですが、もうすぐ出口まで行って戻って来なくてもいいんじゃない?
まぁでもそんな事もあるのでしょう。
2本目は何気に反れて親分にがっつり引き戻されていますが、親分もついつい手が出たという感じですね。
本来ならコマンドで呼び戻して入らせなければならないのに!!
親分イエローカードですよ!!

さて、後半はジャンプの練習。



まずは親分が少しずつ離れていってもヱビスは真っすぐ走ってハードルをクリアしていく練習をしてみましたが、なかなか3つ目のハードルまで飛ぶ事はできませんでした。
どうしても親分にくっついていってしまうんですよね〜。苦笑
まぁでもこれも少し練習したらできるんじゃないかな?と思います。

その後の練習もなかなか思うようには飛んでくれず、いい感じと思っても一個抜けるんですよね〜。苦笑
ちゃっかりハードル潜ってますもの。笑

ヱビス、どうも基本的にジャンプに対してモチベーションが低いです。
実は最初のコース練習でも最初のひとつめのハードルだけ低く設定してあります。
どうも最初にひとつが飛べないんですよ。苦笑
その日のテンションにもよるんでしょうけど、この日は何度かやってダメだったので低くしたら飛ぶのでそのままの形でとりあえず練習は続行しました。
走り出してから障害の中にあるハードルは規定の高さを飛ぶんですけどね〜。
このジャンプ練習でも、やっぱりいまいち。

P1120593_convert_20140318035317.jpg 
ディアムスちゃんの練習覗き見中。

関節が痛いのかな?とちょっと疑ったりもするのですが、テンションがあがってくるとどんどん飛ぶし、痛がる様子はないからやっぱりヱビスの気持ちの問題かなと。苦笑
一応今週、ワクチン接種で獣医さんの所に行くので相談してみようとは思います。

まぁそんな感じで今回の練習はだいぶ本格的になってきて、ヱビスも親分もなんだか満足の内容でした!!

P1120592_convert_20140318035206.jpg

痛恨のミス。

私はいつもヱビスのフード等をネットで注文しています。

家まで配達してくれるというのもあるし、第一家の近くに私が欲しいようなフードは置いてません。

だいたいどこにでもあって簡単に手に入るのはロイヤルカナン(さすがにフランス産ですからね)、プロプラン、ユカヌバあたりでしょうか?
あとはペディグリーやスーパーマーケットのオリジナルのフードはスーパーにありますが。

ブリーダーさんなんかはほとんどと言っていい程ロイヤルカナンで、ヱビスも小さい頃はロイヤルカナン食べてました。
いろいろと体質や犬種に合わせたフードも細かくあって、いいものだと思います。プロプランやユカヌバも然り。
ただ、私の個人的な思いとヱビスの体質に合わせてお魚ベースのナチュラルなフードにしたいので、そうなるとどうしてもネットでとなります。
ちなみにプロプランにはサーモンベースがあるのですが、日本語のサイトとフランス語のサイトだと同じフードでも内容が微妙に違うのでいまいち信用できずに試した事ないです。



さて、それはさておき、先日いつものようにネットでヱビスのフードをポチッと。
その時は最近マイブームのapplawsというメーカーのウェットフード。(トッピングに使っています。)

数日後に届いて、なんだかウキウキと荷を解いて片付けていたら…。

あ¨ーーーーー!!

まさかまさかの注文ミス!!

cat foodって書いてあるよ?

P1120558_convert_20140315232538.jpg
上が猫用、下が犬用。

うわぁ〜全然気付かなかったわ。
これがネットの痛い所で現品見ないので文字をちゃんと確認しないとこうなる。
今までこういった失敗なかったんですが、いつものサイトで売り切れになっていたので今回違うサイトで買ったんですよね〜。
「犬」のカテゴリーから「applaws」を検索して出てきたものから選んだのですが、「applaws」を検索した時点で全サイト内からの検索に自動的に切り替わるようになっていたらしく、もちろん、犬用も同じものがあるのですが、見落として猫用を購入しちゃったようです。涙

確かにラベルが若干違う…。

でも全く同じ味のウェットなんだもの…。気付かなかったよ。

P1120569_convert_20140315232654.jpg

ちょっとがっくりきたものの、言っても猫用か犬用かであって、別に食べれないものではない。
しかもナチュラル系なので特に余分なものが入ってる訳でもなしに。
しかもメインではなくトッピングなわけで、別にこれあげてもよくない??と思い直し、いやでもと思い直し。逡巡。笑

一応ネットでキャットフードどドッグフードの違いらしきものを調べてみたら、意外と知らなかった事実が。

先に結果的に言っておきますと、トッピング程度に何度が与える分には問題なさそうです。

ただ、やはり成分は違います。
キャットフードの方がドッグフードより嗜好性が高く作ってあるらしく(塩分も若干高め)ワンコは喜んで食べるそうです。笑 なので、あまり与えるとドッグフードに戻したときに食べなくなる可能性ありと。笑(舌が肥える?)
もしずっと与え続けるとなるとやはり腎臓などに影響が出ない事もないようです。
しかし、重要なのは実は逆パターンでして、ドッグフードを猫に与えるのは良くないみたいです。
必須栄養素が違っていて、猫にとって必須アミノ酸であるタウリンが犬の場合は体内で生成できるので、犬のフードには含まれておらず、猫にドッグフードを与え続けるとタウリン欠乏になり夜盲症になる恐れがあるそうです。
まぁ極端な例ではあるのでしょうけど、少しあげる分には問題ないでしょうけど、与え続けるとやはりそれなりにお互い良いとは言えないようですね。

P1120572_convert_20140315232821.jpg

と言う事ですが、うちには猫もいるので、このウェット缶は猫にあげて、ヱビスには犬用のをぽちしなおしました。

いつも不思議に思うのですが、日本にいるとき猫といえば魚というイメージ。
さざえさんでもお魚くわえたどら猫〜♪とかいいますし。
でも実際本当に猫は魚好きなんでしょうかね?
うちの猫は肉好きです。
猫は基本的に肉食で犬は雑食だそうで、フードも猫の物の方がタンパク質が高く設定されています。
もちろん猫用もチキン味はたくさんありますが、魚系のフード、特にウェットフードを探すとき、ほとんどが猫用です。
猫が魚好きというのは世界共通なんでしょうかね?
ちょっとした疑問です。

P1120573_convert_20140315232937.jpg

まぁ今回のミス。にんまりしているのはボブ(うちの猫)だけでしょう。笑
今度、あけてあげよう。
喜んで食べてくれるといいな♪

ミスしちゃったけど前向きに〜☆

アジ自主練。

もうすでに日曜日の事なのですが…苦笑

せっかく先生に合鍵を作って頂いたので早速自主練してきました〜!!

P1120492_convert_20140313212339.jpg

とは言え,先生なしの自主練ですから、もちろんコースとかではなく、タッチ部分で1度きちんと止る練習とハードルで右へ左への練習です。

P1120480_convert_20140313212221.jpg

前日である土曜日にスクールでやったばっかりだったせいか、この日はすごく上手にできたヱビス。
この調子でがんばってもらいたいですね〜。

)

シーソーも補助なしでも上手でできるようになりました。

P1120501_convert_20140313212458.jpg

たっぷり褒めて、しっかり待つ!!

P1120503_convert_20140313212608.jpg

あとはスラロームだな。笑

P1120506_convert_20140313212721.jpg

スラは先生から借りていなかったので、スクール内に設置してある網付きスラで感覚を掴んでもらう練習もちょっとだけやってみました。
こちらは以前に1度やったときはすごくぎこちなかったのですが、この日はスムーズにできました。

P1120507_convert_20140313212841.jpg

後は親分のコマンドに合わせて少しずつならして行く事ですね。
何が大事ってやっぱ親分のジェスチャーとコマンドですからね。

割とこっちが練習必要なんですよ。笑

当たり前なんだけど親分が間違えればヱビスも間違うので、親分が練習もっとしないと!!笑

ファイトー!親分!!

不思議。

親分と散歩に行くと毎度こうなる。

P1120444_convert_20140312021455.jpg ただいま〜♪

お、おかえり…。

どうしてかな〜?

確かにまだ少しぬかるんでる場所とかあるけど、そこまでなる???

きっちゃないよー!!涙

P1120446_convert_20140312021619.jpg ん?何か?

親分ももちょっと気使ってくれてもいいのに…。
洗うのは私の係なんだし。

でも親分大好き〜♡のヱビスは親分とお散歩に行けて大満足。
どんな無茶振りにだって愛をもって答えるヱビスはMなのか?!笑

P1120449_convert_20140312021902.jpg

今日も満足なお散歩だったようです♪

やっぱり晴れが続くと嬉しいね〜☆

P1120447_convert_20140312021742.jpg

畑の季節到来。

先週からの晴天続きで、今日から畑の手入れを始めました!!

まずは畑の回りの草刈り。家庭用の芝刈り機@旦那の兄のものを借りてきて、ブンブン行きますよ〜。

去年はこのエンジンがかかる音に反応して、タイヤに噛み付こうとする仕草?を見せて笑わせてくれたヱビスですが、(とはいえ、牧羊犬としての本能なのでしょうけど)今年は最初にちょっとしただけで、その後は全く興味なしでした。

※芝刈り機の音注意です。


芝刈り機に関しては毎年違う反応を見せるヱビス。
とはいえ、基本的にはあまり興味ない感じですね〜。

P1120528_convert_20140311021343.jpg 耕しました♪

そして耕耘機を使って、半分だけ耕しました。
川に近い方の半分はまだ冠水した影響で表面は乾いてきていますが、ちょっと脚を踏み入れるとずぶずぶです。

P1120530_convert_20140311022627.jpg むー。

近所のおじさんも通りかかり、ここは本当にいい場所だな〜と羨むほどにうちの畑っていい場所で土の質もいいんです!!
おじさんは数m先に畑があるけど、うちより酷い冠水だったのでまだまだ当分は耕せないと仰ってました。
それに、すぐお隣はいい状態なんですが、うちよりも土質が少し貧そう?なんですよ。
ちょっと数m違うだけで土の質もだいぶ違うものなんですね〜。

P1120532_convert_20140311022746.jpg 来たっ!!

ちなみにうちは特に何もしていません。
でもこの何もしていないのが実はいいのかもと思っています。

うちの畑、モグラがたくさんいて、畑の回りはぼこぼこで芝刈り機で草を刈るのは骨の折れる作業なのですが、そのお陰で土も適度に自然に耕されてるし、モグラがいるということは餌になるミミズもいるということで、ミミズがいるというのは土に栄養があると言う事。
いろんな事が好循環してるのだと思われます。

P1120522_convert_20140311021210.jpg 空豆〜。

ちなみにお隣さんは除草剤も使ってるし、モグラ退治の仕掛けなんかもしてるし、それじゃーいい土できませんよーとちょっと教えたいくらいですが、まぁそこは黙ってね。苦笑
余計な事を言わない方がいい近所付き合いもあると言う物です。田舎というものある意味近所付き合い大変ですね。苦笑

基本的に手作業の畑です。趣味で自分達の食べる分を作っていますので無農薬とまではいかなくとも減農薬です。
どうしても場所柄川が近いせいか、湿気があり、日本とは違って朝晩の気温差が激しいので夏になるとかぼちゃやキュウリは必ずうどんこ病(葉にカビがつく病気)になります。
なので、それを最小限に抑える程度に最低限のお薬は使っています。
が、あとは害虫なんかはまめに手で取る、雑草も手で抜きますよ。

コレからの季節はヱビスとのお散歩は畑になる事多くなるだろうね〜。

P1120545_convert_20140311022856.jpg 畑たのしー!

今年もおいしい野菜がたくさんできますように♪

今週にまずはジャガイモ、タマネギからいってみよー!!
まだ先だけど。もちろんうちのかぼちゃはヱビスかぼちゃ☆笑

P1120549_convert_20140311023006.jpg

杏の木も今年は花がついてます。今年は実がなるといいな〜。

アジリティーレッスン⑬

快晴に恵まれた土曜日。はりきってアジリティーレッスンに行ってきました!

P1120451_convert_20140309220404.jpg いー天気♪
 
まずは一本目。※音ができますのでご注意!!



もちろん、まだまだスラは迷走中ですが(苦笑)、流れ的にアジっぽい雰囲気出てきましたよ♪

P1120452_convert_20140309221207.jpg

ハードルはいちいち変えるのが面倒なのか(笑)他のワンコにも合わせてちょっとヱビスには低めですが、本犬的にも飼い主的にもまず引っかかる事がないのでストレスフリー。笑
※今日ごいっしょだったのはコッカー君と初挑戦のプードルちゃん。

P1120456_convert_20140309221337.jpg

とはいえ、プードルちゃんは驚異的なジャンプ力でしたけど。笑 ヱビスより跳んでた。笑

P1120468_convert_20140309221603.jpg

さて、本日2本目。というか2種類目は同じコースだけど、逆回りで。※こちらも音注意です。



やっぱスラはまだ迷走中。
まぁ、でもこれはゆっくり時間かけてできるようになればいいかな〜と。

動画にも写真にもないんですが、実は、今日は1度だけスラの半分弱あたりまで、大きな誘導なしに自主的にやれて、一瞬、私も親分もお?おぉ??っと思ったのですが、すぐにフェイドアウトしちゃいました。笑

だけど、こんな様子を見せてくれただけで、あ〜もしかしたスラがちゃんと出来るようになる日もそう遠くはないかも?と思わせてくれましたよ。笑

ますます練習が楽しみです。

さて、実はこのスクールでのアジクラスは私達以外の方はおばちゃん?(65歳&コッカー君、75歳&プードルちゃん)おばぁちゃん?が愛犬とちょっと軽く運動という感じで受けられていて、ガチでやってるのは先生と私達だけです。
もちろん、おばちゃん達のように愛犬と楽しくやれること、いいことだと思います。
ただ、ヱビス的?親分的?にはもちょっと本格的にやりたいので物足りない部分があるもの事実です。
その為、たまに(とはいえ、まだ1回しかないけど)先生が練習に誘ってくれるのですが、さらに私達のために実は今回、先生の好意で、練習場の合鍵を作ってくれました。

that's田舎!!笑

普通なら有り得ないんでしょうけど、先生が私達が都合のいいときに練習していいよ〜と。
もちろん、きちんと使う事が前提でもしものときはきちんと弁償しますという約束の元ですが。
ありがたいです。

と、いうことでこれからは時間があるときにちょこちょこアジ自主練やっていきたいと思います!!

がんばるぞー!!

P1120467_convert_20140309221450.jpg

やっと。

やっと、週間天気予報から☂マークがなくなりました!!☀

P1120381_convert_20140307013521.jpg 晴れだよ♪
※オリンパスレンズで撮影

去年といい今年といい、雨期があるんですか?と問いたくなる程雨続きだった冬。
今週も月曜日は嵐が来まして、台風並みの暴風と雷雨でした。
ちなみに先週の金曜日も。

P1120385_convert_20140307013636.jpg あっそぼー!

でもやっとやっと、晴れの日が続きそうです!!

P1120386_convert_20140307013738.jpg

嬉しい!!

P1120388_convert_20140307013852.jpg

私達は日曜日に旅から戻って来ていたのですが、帰って来て早々この天気の変化、気圧の変化に緊張型頭痛持ちの私は発作的な頭痛に見舞われダウンしていましたが、今日辺りからやっと天気と共に回復してきまして、この冬に新しく買ったレンズで写真撮りまくり〜。笑

P1120397_convert_20140307014001.jpg

まぁ新しいレンズと言いましても、別に特別なものではなく、どっちかというと今まで持ってなかったのが不思議というような標準ズームレンズなんですけどね。笑
私はパナソニックのルミックスGF1というミラーレスの小さなデジイチを使っています。(現在GF6まで出ているのでだいぶ古い型ですけど。苦笑)
買った当初、本体と単焦点レンズのみで、その後望遠レンズを買い足し現在にまで至っていたのですが、やっぱり標準ズームレンズがあると便利そうだな〜と常日頃感じてまして、何気にネットで見ていたら、セールで超激安にて出ていたので思わず買ってしまいました。
しかも、パナソニックではなく、オリンパス?!

P1120405_convert_20140307014147.jpg

ちょっとヱビスの話とはズレますが。
普通、一眼は本体とレンズは同じメーカーのものしか合いません。
しかし、パナソニックのGシリーズとオリンパスのPENシリーズだけは互換できるんです!!
まぁ善し悪しはありますが、今回、オリンパスの標準ズームがかなり安く出ていたので、あまり深く考えずに購入したんです…。苦笑

P1120409_convert_20140307014311.jpg

正直、写真を撮るのは好きですが、なかなか詳しくなれません。苦笑
残念ながら適当に使ってると言うのが本当の所です。苦笑

P1120412_convert_20140307014422.jpg
※ココからパナソニック

ただ、ひとつ言えるのは、ミラーレスは小型軽量で普段の散歩なんかに持ち歩くには丁度良いのですが、AF速度が遅いので動くものを撮るのには向きません。
と、いうことで走ってるヱビスを躍動感を出して撮るのは非常に難しいというか、私の腕では無理なんですけどね。笑

P1120421_convert_20140307021347.jpg

しっかし、久しぶりの雲ひとつない青い空〜!!

P1120423_convert_20140307021457.jpg よしこーい!

まだぬかるんでいる所もあるけど、ヱビスも思いっきり走れるね!

P1120432_convert_20140307021558.jpg とりゃー!

お散歩が楽しい季節の到来です。

P1120443_convert_20140307022035.jpg



プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2014年03月 | 04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: