スクール話とアジ⑯。

今日は久々のスクールでした。

アジレッスンは16回目。
まぁアジの事だけで記事にしてもあまり代わり映えしないので、今回はアジの写真と動画でスクール諸々のお話をば。

アジに関しましては今日はスラを中心に練習しました。
うーんやっぱりスラって難しい…。苦笑

P1120913_convert_20140413035711.jpg

そしてやっぱりなかなかどうして…。ハードルにしてもタイヤにしてもやればできるのですが、やらせるのが難しいんですね〜。苦笑
なんだろうな〜?ヱビス、もしかしてアジあんまり好きじゃないのかな〜?とさえ最近は思えて来ました。

が、今日は親分の都合により(余談ですが、実は親分最近、養蜂講座に通い始めまして、その講座の時間がアジの時間と後半被るんです。笑)私がスラの練習のお供をしました!!

これがまたねー。笑 私とやるとできるんだわ。笑

P1120915_convert_20140413035822.jpg

先生とこっそり陰口?じゃないですがやっぱり親分は親分自身がすぐ興奮してしまうので、ヱビスにその興奮が伝染してしまって、ヱビスはすぐ自分を見失ってしまうんですよね。苦笑
できないのは正直言ってヱビスのせいじゃない…。爆



がんばれ親分!のアジです。 親分の精神修行の場になればと思います。笑



さて、長らく話題にしていなかった家庭犬試験に向けての練習の方ですが、実はこちらは順調です。笑

しかし、実は実は…。今年の試験はなしなんです。苦笑
と、いうのも試験開催日がどれも仕事と被っていて行けないんです!!涙

まぁこればっかりはしょうがないですね。

さすがにうちは自営業ですし、お客様を断ってまで受ける試験ではございません。
まぁそんなんで受けるときはもちろん1発合格で、願わくはCSAU(家庭犬試験)のひとつ上の試験も併せて受けてみようかと一人妄想中です。

さてさて、今日の家庭犬試験に向けての準備クラスの様子ですが。

以前に記事にしましたが、試験内容は待つ事と呼び戻し、脚即歩行が基本です。
日本で本格的にトレーニングしている方に比べれば有り得ないレベルの低さかもしれないですが、ヱビスはこの準備クラスでもお手本になれるレベルいます。

あとはいつどんな時でも完璧にそれを指示されれば発揮出来るというレベルまで持って行く事が課題です。

先にも言いましたように課題は至って基本的な事です。

ちなみに今回はもう既にCSAUを取ってるけど、そのレベルを維持する為にと続けておられる方とヱビスのように受けるレベルにあるけど今まで機会がなかったと言う方、と,次回受けようとされている方の4名でした。

ヱビスと同じレベルの方、何を隠そう(別に隠してはおりませんが。笑)アメリカンスタッフォードシャーテリア。

話は飛んでしまいますが、日本では特定動物(飼育するのに免許かいる動物)に犬の種はないそうですね。
フランスではピットブルはもちろん、その兄貴分といいますか元は同種であるアメリカンスタッフォードシャーテリアも特定種に認定されて飼育に免許がいります。
余談としてはフランスではアメリカンスタッフォードテリア(ピットブルも同種とみなす)土佐犬、マスティフ、ロットワイラーは犬の中での特定動物認定されていて飼育するには免許がいります。(要は闘犬として作られた犬種)
もちろんその犬種へのトレーニングにもする方に特別な免許がいります。
(うちのスクールの先生@奥さんの方はその免許も持ってるそうです)

が、しかし、ですね、今回ご一緒させていただいたアメリカンスタッフォードシャーテリアの女の子はものすごーく大人しく、服従も完璧でかわいかったです。
しかもヱビスと相思相愛♡笑
同じく3歳で休憩時間はラブラブしておりましたとさ。笑

その反面、今日はボースロンの男の子にがっつり喧嘩を売られ、必死に応戦してましたが、何ぶん体格が違いますし、こちらはリードに繋いでまして向こうはノーリードだったのですよ。
私も必死でリードを引き、向こうの飼い主さまも必死で止めて下さり、先生も仲介に入り事なきを終えましたが…。

ヱビスは何ともなかったけど私は肩と手首が外れそうで痛かったよ…。涙

ノーリードで向こうからしかけてきましたので完全に向こうが悪く、飼い主さんも謝ってヱビスを気遣ってくれましたし、先生も怪我がなかったかと心配してみて下さったんですが、何気に何気にですね…、私、気になってる事あります。苦笑

ヱビスよ、どうして、君はそんなにけんかを売られるのか?!

ヱビスは決して喧嘩は売りません。そして基本的にガウられるくらいじゃ買いません。
でも今回のように飛びかかって来られればもちろん応戦しますが。

でもですね、けっこう何気にこのパターン多いんですよ。

皆気付いてないかもしれないけど、ヱビス、喧嘩売られ易い…。
それってもしかしたら、ヱビスが何気に相手の気に触るような態度があるんじゃないかって思うんですよね〜。
もしかしたら挨拶の仕方が下手なんじゃないかとか?

どうなんだろう?

この白黒のボーダーというのは見た目で正直有利です。笑
怖い犬に見られません。

さらに一応。一応。スクールでは優秀生徒で誰にでも愛想が良く、空き時間も大人しく飼い主の傍らに伏せてのんびり待てる子です。

皆それに惑わされないかい??笑

とはいえ、私にはよくわかりませんが、犬同士からみたらけんか売りたくなる要素がヱビスにある可能性はあるんじゃないかと最近疑っています。

何と言っても、未虚勢♂3歳。
見た目のかわいさとはうらはらにアグレッシブな一面がないとは言い切れませんね。
しかもボーダー。
直接的には攻撃しなくとも何気に相手の気に触るようなことしてそうな気がします…。
カイヌシに似て?!

いや、考えたくないが…。笑

もっともっとヱビスの事観察して、犬同士の事ももっともっともっとよく見て、本当は誰がいけないのか見極める力つけなくては!!

見た目や普段の生活に惑わされてはいけない一面を見抜く力が必要だと感じたボーダー飼いです。
スポンサーサイト
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2014年04月 | 05月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: