家庭犬試験対策。

※写真は関係ないです。

先の土曜日、久々にスクールでトレーニングの方に参加してきました。

P1170060_convert_20150225002543.jpg がっこ、行ってきた。

不満なんかい?!←もちろん冗談ですけど。

今年の目標の一つでもあるフランス版家庭犬試験(CSAU=Certificat de Sociabilité et d'Aptitude à l'Utilisation)を受けるための準備クラスです。

この試験、特に難しいわけではなく、家庭犬として最低限の躾が出来ていますよ〜という認定証みたいなものです。決して競技などではありません。
※特に難しいわけではないですが、準備クラスで練習しておかないと難しいですけどね。苦笑

年に数回行われるのですが、去年は日程が私たちの仕事の都合と合わずに受けられませんでした。

P1170064_convert_20150225002909.jpg わきゃー。

ゑびす!!目開けて走って!!笑

でも今年は4月11日に行われる分に行けそうなので、そこを目標に調整していこうと思っています。

以前にも少し記事にしたことはあるのですが、この試験の内容は。。。

①審査員所まで行き、飼い主の横でおすわりで待機し飼い主が審査員に自分の名前や犬の事をプレゼン。
②審査員が個体識別のタトゥーもしくはマイクロチップを確認。その間おとなしくそれを受ける。

が、まず第一段階です。

その後。

③リード付き脚側歩行。コの字型に往復し、真ん中で止まれ、おすわりを入れる。

④待てをかけて、数メートル先の衝立に飼い主が隠れ1分間待機。

⑤待てから数メートル飼い主が離れ、審査員の指示で呼び戻し。

この5項目です。

基本的にこれを受ける準備をして臨めば余程のことがない限り通る試験です。

P1170066_convert_20150225003408.jpg 余裕余裕。


のはずです。笑


ちなみにこの試験。親分が受けます。
と、言いますのも(これも以前の記事と重複してますが)この試験だけは登録オーナーでなければいけないのです。
この後のオビディエンス競技に入ると登録オーナーでなくとも大丈夫です。

とりあえず、直前までの練習は私が引き受けて本番前に親分で最終調整するという感じになる予定です。

P1170070_convert_20150225003527.jpg ぷりっと。ぷくっと。

お尻もマズルも同時にぷりっとぷくっとってどんだけよ〜。笑



さてさてさて。
土曜日のその練習。

久々だったので忘れてないかな〜?と不安も多少ありましたが、まぁまず大丈夫だろうという気持ちも正直ありました。笑

P1170072_convert_20150225003646.jpg ボクは真剣ですよ。

うん。まぁ結果的に言うと大丈夫でした。というか、実際ぎりセーフでしたけど。笑

脚側がね〜。。。。怪しい怪しい。苦笑 やっぱり不安要素はここです。

切り替えと集中力でしょうね。

どうしても。やっぱり匂い取りがしたくって下を向きがちで下手したら止まり兼ねない感じなのですよ。
まぁなんとかなるでしょうけど、試験に通ればいいという問題ではなく、これはやっぱりゑびすの永遠の課題と言ったら極端かもしれないですが、目下の大きな課題ですね。
とりあえず、ぎりでツイてるのはついてます。

いや〜でも怖いですね。

当日は初めての場所でもあるでしょうから、余計にそれが出る可能性は十分にあり得ます。

あとひと月ちょっとで調整できるんでしょうかね〜?苦笑

P1170083_convert_20150225003758.jpg うふぅ。

寄り目〜。

他は基本的にほぼ間違いないのですが、先読みボーダーなので呼び戻しでは掛け声をかける前に出そうになることもあります。苦笑
そしてまだやってないのでなんとも言えませんが、親分のストーカーなので果たして親分とのコンビで親分と離れられるんでしょうかね?笑

今度の練習日は親分で行ってみましょう!!

P1170087_convert_20150225003913.jpg 大丈夫でしょ!!

うーん信用ならんな。。。。


ちなみにこの日。とっても良かった点。
我が犬ながら、そんなことができるのか?!と内心驚いたくらいなんですけど。笑

P1170090_convert_20150225004029.jpg そんなに驚かなくでもいいんじゃない?

呼び戻しの練習で試験ではこういうシチュエーションではないのですが、やってみたのは、練習に参加している飼い主全員(この日は6人)いっしょに犬を待たせて離れてから、先生の指示で一人ずつ呼び戻すというもの。

大概、みんな隣のワンコに釣られて出ちゃいます。笑

出ちゃったら、そのまま呼んでつけさせるのが先生のやり方なので、私以外(私が最後の一番端でした)みんなどんどん出るというてんやわんや状態だったのですが、ゑびすはえ?え?とキョロキョロしながらも私の指示をしっかり待ちました。

しっかり指示待ちしたのですよ。

P1170099_convert_20150225004137.jpg 良かったでしょ?

お〜びっくり。笑

もちろんこっちもしっかり凝視して出るな出るなビームを送ってましたが、この雰囲気では出ても仕方ないかと一瞬の出来事だったんですけど、いろいろ考えが廻りましたよ。笑

最後に他のみんなが飼い主の横についたところで鼻高々に呼び戻しましたよ⭐︎

先生もさすがゑびすだわ!!と褒めてくれましたし、たまたま来ていた他のクラブの先生もさすがボーダーだなぁと感心のご様子でした。

いや〜これ、ある意味飼い主の私が快感でしたね〜。笑

やるな〜ゑびす。笑

これ、この日の最高点のゑびすでした。

でもこの後にした、同じシチュエーションで飼い主みんなで一斉に呼ぶというのは。。。。

笑。ちーん。

あんなにカッコよく決めてくれたゑびすなのに、出た瞬間に横のワンコに目がいってたのであーこりゃダメだと思ったんですけど、やっぱりもう1頭いた♂のシェパード君に迷わず行って〆られてました。笑

アホだな。

♂を見るとどっちが上が決めないと気がすまないゑびすの悪い癖がでました。

この癖についてはまたいつか別記事に上げたいと思います。
今回は試験の練習記事ということでここまでで。笑

ちなみに他のワンコも思い思いに好きなコのとこいってました。笑
一匹がやっちゃうとみんな釣られちゃって面白いです。

ゑびすが一番上くらいなので、みんな正直まだわちゃわちゃしたい年頃なんですよね〜。笑

さぁあとひと月ちょっと。

ちょっと真剣に練習していきましょうかね!!
スポンサーサイト
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2015年02月 | 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: