毎年恒例カイカイ症。



ペットを取り巻く環境について考えて見る運動を展開中!!


※皮膚炎の写真を載せています!


毎年、夏から秋にかけてカイカイが出るゑびす。

今年も出てます、カイカイ症。。涙

出る部分は決まっていまして、お腹と脇、後ろ足の付け根あたりです。

P1220730_convert_20160628011549.jpg

脇の下。掻きすぎて赤くなってます。。

P1220731_convert_20160628011721.jpg

後ろ足の付け根。何かに負けて赤くなっています。

それに両手足の先の皮膚がポロポロと。。

P1220719_convert_20160628004518.jpg

フケのように皮膚がポロポロと剥がれている前てて。

P1220723_convert_20160628004655.jpg

P1220724_convert_20160628011059.jpg

後ろ足も同じ状態です。

P1220726_convert_20160628011225.jpg

とはいえ、手足に痒みはあまりないようです。が、たまに舐めてはいますが。

背中あたりはまったく問題なし。

P1220728_convert_20160628011401.jpg

そして、こんなに見てる時もゑびすは心地いいらしい。。。笑

P1220732_convert_20160628011844.jpg

口開いてるって!!笑

と、いうことで、思うのはやはりこの季節特有の何かの草にまけてるか、この季節はぶどう畑にいろんな 農薬が散布されますので、その影響か。。
農薬を撒いてる日や場所は結構気をつけてはいるんですけど、何といってもゑびすは裸足&裸ん坊ですからねぇ。。
換毛して、冬毛がなくなって、直接皮膚に届きやすくなっているのも原因なのかな〜?と思います。

ここ数年の様子からしても、食べ物のアレルギーや寄生虫(ノミダニを含む)ではないだろうなとほぼ確信してきました。

P1220736_convert_20160628012014.jpg

今日のゑびすのドッグラン!!笑

カイカイやカミカミはするんですけど、そこまで酷い状態ではないので大掛かりな検査はする必要ないと思っていますけど、今年はあまり酷くならないうちに獣医さんに連れて行って、かゆみ止めを頂いておこうかなと思います。

掻き始めると癖がつくのか、多分そんなに痒くもないくせに暇な時とかにカイカイしているようにも感じられます。
それを一旦断つためにも薬の服用は仕方ないかな。。と。

P1220742_convert_20160628012122.jpg

曇りくらいがちょうどいい!!

そして今日なんかのようにちょっと気温が下がって涼しいとカイカイ率も下がります。

やはり暑くて蒸すとカイカイ率も上がるんですよね〜。

P1220757_convert_20160628012236.jpg

自宅の鉢植えの紫陽花と。隠れてるのがまた可愛い〜♡笑

人間だって、かゆいのは辛いです。
ゑびすも精神的にも痒みが長く続くのは辛いでしょうから、今年は早めに対処してあげたいと思います。

明日、獣医さんに行ってきまーす!

P1220760_convert_20160628012356.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2016年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: