予期せぬアクシデント。



ペットを取り巻く環境について考えて見る運動を展開中!!



昨日ピレネー入りしまして、現在は麓のとある町のペンションに滞在しています。

金曜日に麓の別の町に住む友人宅に移り、土曜日に登る予定です。

しかし、今日予期せぬアクシデントに見舞われました。。



ゑびす現在こうやってお部屋のベットの横で寝ています。。。

P1220961_convert_20160722053221.jpg


もうね、心が痛いです。。涙

とはいえ、さほどひどい怪我ではなく、右前脚の付け根を二針縫いました。
それでまだ麻酔から覚めて間もないので疲れて寝ているだけなのですけど。。

P1220960_convert_20160722053030.jpg 痛い思いしました。。。

何があったかと言いますと。。

今日の午前中に、お友達と旦那とちょっとした草原のお散歩道にお散歩に出かけたのです。
だいたい2時間くらいのお散歩で、行きは草原の中にある道を通り、帰りは道路沿いを歩いてペンションに戻っていた時にそれは起こりました。

その道路の後方から自転車の若いお兄ちゃんとリードなしのワンコがやってきたのです。
もちろんそのワンコ、ゑびすの方に寄ってきまして。。。
私は道路沿いだったこともありゑびすにはリードをつけていました。
ご挨拶するのかな?と様子を見る間もなく、相手ワンコに飛びかかられて、ゑびすがキャンッと一言!
すぐさまに引き離しゑびすを抱えました。
相手ワンコはそれ以上攻撃してくることはなく立ちすくしている状態で、多分向こうも飛びかかったものの予期せぬ事態だったのかもしれないです。。

右腕を上げていたので変な風にひねったかな?と思ってそおっとお腹側から右前脚を掴んだところ血がべっとり!!

とりあえず、道の端に抱えていき、私が薄手のマフラー?スカーフ?を持っていたのですぐに傷口付近を縛りました。

一瞬のことでしたが、道路にちょっとした血だまりができるほどの出血。

自転車の若いお兄さんもびっくりしてて、オロオロ。

さぁでもここからどうする?
ペンションまではもうちょっと距離がある。

で、自転車のお兄さんがお友達を乗せてペンションまで戻って車を持ってくることに。
その間にペンションの従業員さんに電話して、獣医さんに連絡してもらう。

で、待つこと数分で友達が車で戻ってきて、車で獣医さんのところへ。

とはいえ、田舎。。。苦笑
獣医さんのところまで車で20分ちょっと。

でも、血はすでに止まっている様子で、ゑびすも落ち着いているので少し安心。

どうやらそこまでひどい怪我ではなさそう。。。

獣医さんおところについて待つこと数十分。

と、いうものちょうどお昼の時間帯で獣医さんもお昼休みに出ていたところを電話で呼び戻した形でしたので。。

先生が到着してみてもらったところすぐに「これはもう縫いましょう」ということで麻酔をするので3時間後に迎えに来てください。とのこと。
待っていても仕方ないので先生に預けて帰宅。

旦那が午後から用事があったので軽く食事を済ませ、旦那の用事を済ませて、お迎えに行ったのが18時近く。

先生から説明してもらい、ゑびすも問題なく麻酔から覚めていると聞いて一安心。。
結果的には腕をがぶりとやられたらしく、前脚の付け根の内側と外側に一針ずつ塗っただけで済みました。

済みましたって軽くは言えないんですけどね。。

もう本当、アクシデントですね。

こういう時って本当どう対処すべきなんでしょうね?

こっちはリードありでのお散歩時にフリーのワンコが後ろから寄ってきていきなり喧嘩って。。。
たいした挨拶もなしに流血するほどの喧嘩ってどういうこと?って感じですよ。
向こうの飼い主さんもマナーがなってないのは当たり前なのですが、彼曰く今までにこういうこともなくワンコも飼い主さんの言うことを良く聞く子だったらフリーで散歩してたし。。とのことで。
一応、連絡先をくれましたが、特に連絡する気はもうないです。。
お金の問題じゃないですからね。顔を合わせて嫌な思いするくらいならこのままでもういいかなと。
確かに私のお財布も痛い思いしましたけど。。苦笑
保険に入っているので7割がたは返ってくるので、ゑびすの痛いに比べれば屁でもないです。

戻ってきてしばらくはまだ麻酔も完全に覚めてなくて足取りもおぼつかなかったのですが、しばらく寝てちょっと外の空気を吸ったら、お腹もすいてきたらしく、ご飯を見せたら食べる気があったのでフードを与えたら、だいぶ元気になりました。

土曜日にもう一度獣医さんのところに様子を見せに行って、経過が良ければ抜糸は8月1日。
その頃には自宅に戻っているので明日にも行きつけの獣医さんに電話して、事情を話し、抜糸の予約をする予定です。

本来なら土曜日にお山に登るのですが、最初は私はゑびすと麓のお友達の家で大人しておこうかとも思ったのですが、多分明日以降本来の元気は戻ってくるでしょうから、とりあえず、お山の上の友達が食料を調達しに街に降りてくる時に一緒に車に乗せてもらってお山まで行こうかと思っています。

あとはのんびり上で過ごそうかと。。

まっそれは明日明後日の様子を見て決めようと思います。

に、しても、本当、ひどい目にあいました。。。涙

早く元気にはなってもらいたいですが、問題は抜糸までは大人しくしておかなければいけないってことですね。苦笑

でもやっぱり早く元気に、よくなって欲しいです!!

P1220959_convert_20160722052833.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2016年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: