ゑびす飯始めました。



ペットを取り巻く環境について考えてみる運動を展開中!!


そんなわけで始めました、手作りご飯。

とはいえ、以前から興味があったものの踏み込めなかった手作りごはん。
9月半ばから元々市販のウェットフードをトッピングしていたものを、手作りに変更。

その後、10月半ばから晩御飯を完全手作り。
朝ごはんはカリカリフードで。

とりあえず、この夏に買った本を参考にしています。(本と手作りご飯。

基本レシピとしては。

1日のカロリーを1000kcalとして。

牛肉 250g
生米 100g
野菜 125g
牛レバー 25g
亜麻仁オイル 大さじ2分の1
炭酸カルシウム 小さじ2分の1
塩 ひとつまみ

が、ベースです。
これで、たんぱく質32%脂質33%炭水化物32%

この本は2010年発行なので書いてある内容はもうちょっと古い情報なんだと思いますが、とりあえず、これをベースに参考にして、ゑびすには牛肉ではなく魚で。

魚の場合、たんぱく質250gは312、5gで代替可能。

と、いうことで、今の所朝ごはんではフードを与えていますので、多少は栄養に誤差があっても神経質になりすぎないこと!と自分に言い聞かせ、ゑびす飯は。。。

1食(1日2食のうち)

魚 160g
野菜 60g
生米 50g
レバー 12g
亜麻仁オイル 小さじ1
塩 少々

を目安に作っています。

魚は大体1食に2種類混ぜていまして、白身魚ベースに、サーモン、イワシ、カツオなど。
野菜はその日、うちにある野菜から適当に3、4種類くらいをチョイス。
(かぼちゃ、にんじん、カリフラワー、キャベツ、ビーツ、根セロリ、トマト、きゅうりなどなど)
なるべく、種類が被らないように、根菜、葉菜、果菜を織りまぜる用ように心がけ、ゑびすの場合は皮膚炎の改善を目指していますので、まずはビタミン=赤い野菜(にんじん、かぼちゃ、トマトなど)を入れるように心がけています。

P1230675_convert_20161031045033.jpg
カツオは一本買い!!笑 

本来なら皮膚の改善には人間も同じですが、ビタミンエース!!=ビタミンA、C、E!です。

先生も手作り食には反対ではなく、皮膚の改善にはいいと思うけど、栄養面に関しては気をつけなくてはいけないし、サプリメントで栄養を補助する必要があるとおっしゃられていました。

そんなわけでサプリに関してもいろいろと検討中です。

サプリのお話はまた次回。


で、今回はおまけの話で、お魚について。

日本は当たり前ですがお魚は豊富ですね〜。
こちらも私が住んでいるところは一応海に近いので魚はそこそこあるんだと思いますけど、海に近いくせに魚文化があまりなく、魚を食べない人が多い地域で魚屋さんがありません。。苦笑
一応、スーパーに魚は置いてありますが、自分が食べるようにスーパーで魚を購入したことはありません。
うちは土曜日開催されているマルシェ(朝市)に出ている魚屋さんで1週間分の魚は購入します。(自宅で下処理をして冷凍保存)
余談ですが、姉御は魚食人間です。肉も食べれますが、あまり消化が得意ではありません。。
でも、今回、スーパーでゑびす飯の魚を物色。

そこで発見したのが、pangasというお安い白身魚。

ゑびすの為とはいえ、さすがにお高いお魚を常食にはできませんので程よいお値段の白身魚で、特に気にせず購入したのですが。。。

結局、pangasってなんだろう?

と、思って、ネットで調べたら・・・。


「ナマズ」


でした。。苦笑

でも、これが、フランスのサイトでは食用ナマズに関してかなりの注意喚起が出てまして。。苦笑
最近では日本でも「バサ」とか「パンガシウス」で出回っているようです。
スーパーのお惣菜コーナーで「白身魚のフライ」で出回っているのは大体これだと思っていいそう。
ファミレスとかチェーンのお弁当屋さんの白身魚といえば、これを使っていると言っても過言ではないらしい。。
これがなかなか美味しいらしいのですが。

では、フランスでなぜ注意喚起されているかと言いますと。
このパンガシウス。ほとんどが東南アジア(ベトナム)産なのですけど、(東南アジアではよく食べられている一般的なお魚らしいです)その養殖場の現状がヒドイらしい。。。
フランスでは調べれば動画とか写真も出回っているんですけど、確かにヒドイ。。。苦笑

とはいえ、現地では普通に食べられていますし、一般的に世界中に出回っている魚ではあります。

養殖の仕方がヒドイといえば、サーモンだって、パンガシウスとは別の意味でヒドイんですけどね。。。苦笑

まぁまぁまぁ後はそれぞれの判断ということなんですけど。
ただ調べてみたら、ナマズって大して栄養価のある魚じゃないんですよね。
まぁ逆にいえばアレルゲンなどがないってことなんですけど。

その辺どう捉えるか?でしょうね。

まっ私の判断としては、もうすでに買った分はゑびす飯に使いますが、あえてこれから購入することはないかなと。苦笑

とはいえ、なかなか程よいお値段の白身がないなーと悩んでいたところ、そうだ!冷凍は?と思い立ち、冷凍食品のところに立ち寄りましたら、いいのが見つかりました。

スケトウダラ。

いいですね〜。いいですね〜。いいお値段です。笑

これで、なんとか、ゑびす飯の目処が立ちました。
後は、上記しましたように、サーモンやカツオ、イワシ。
たら系のフレッシュのお魚やたら以外の白身で、回していこうと思います。

それと、忘れていけないのがこちら。

P1230676_convert_20161031045735.jpg

馬肉。
これはありがたいことに、土曜日のマルシェに馬肉屋さんがいらっしゃるので週一で馬肉を購入。
ちなみにkの11€。日本円で1250円くらいですね。

日本だと、馬肉もピンキリのようですね。

まったまにあげる分にはフレッシュで買えてこの値段ならまぁいいかなと思っています。

そんなわけで、現在ゑびすには週2で生馬肉飯を与えています。(馬肉は生で与えています。が、一応念の為、1度冷凍しています。冷凍解凍状態で与えています。ただ、馬肉は牛などに比べると体温が高いので虫がつきにくいと言われているので大丈夫だろうとは思っていますが。。念には念で。)

週5でお魚飯です。(魚は完全に火を通しています。)

現在のところ、体調に変化はなく(下痢などはないという意味で)、食欲旺盛。
なんならまだ食わせろ!くらいの勢いで手作りご飯は好評です。笑

すぐに結果の出るものではないと思いますが、いろいろともっと勉強を重ねて、ゑびすの体調もみながらゑびすにあったご飯を作っていけたらと思っています。

P1230681_convert_20161031045551.jpg オネガイシマス。。


しかしですねー。米50gに魚160gって。。。
普通に、私の1食分よりも多いです。笑

おじやみたいに煮てるのですけど、普通に人間一人前の量です。笑

まっゑびすには消化しやすいようにそれをさらにバーミックスでズィーっと混ぜてから与えています。

ゑびすの様子をみながら、私もこの本だけを妄信せず、かと言ってネットの情報にばかり振り回されないようにやっていけたらと思います。

皆さんもアドバイスございましたらどしどしお願いします!!

P1230683_convert_20161031045858.jpg
しっかり食べて、しっかり寝るべし!!


ちなみに毎食、毎日作っています。
お魚はまとめて買って、1食分づつ冷凍して保存。
米野菜、1食分のお魚を夕方にチャチャッと煮ています。

手間かな〜と心配していたのですが、案外早く煮上がるので自分で思っていたほど手間ではないです。今の所。。。苦笑

まだまだ始めたばかりで試行錯誤のところもありますけど、徐々に毎日のルーティンに当たり前のようにすんなり組み込めるようになればと思います。

目指すはカイカイ改善!!

頑張るぞ!!


 
スポンサーサイト

カイカイ再来。



ペットを取り巻く環境について考えてみる運動を展開中!!


そう。この話題をじっくり書き留めておきたかったのです。

毎年出るゑびすのカイカイ症。と、勝手に名付けています。。
季節限定で春から夏はちょっとお休みからの秋。

今年は6月末の出始めの時にサクッと獣医さんへ。(毎年恒例カイカイ症。

そこで、抗生物質とエポクエルというステロイドではないアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎に特化したお薬を処方して頂き、サクッと良くなりました。(診察結果。

そして、9月末。
またしてもカイカイ。。というよりは手足の炎症と脱毛が見られ、酷くならないうちにと獣医さんへ。

前回と同じく、抗生物質とエポクエルを処方して頂きました。
そして、先生と色々とまたお話しもしました。

まぁね。獣医さんといえども、肌の状態を見ただけで何が原因で何の病気なのか特定するのは難しいと思います。
獣医さんって犬だけ見てるわけではないですし、皮膚病やアレルギーって人間だって特定が簡単ではない分野ですしね。
今回も先生と話していて、はっきりとこれが原因でこういう病名です!というのはもらえませんでした。
ちゃんと詳しく調べたいのなら、皮膚科専門の獣医さんを紹介してもいいとは言われたのですが、私的にゑびすの状態はそこまで酷いものとは思っていませんので、そこまでしなくてもいいかなぁと。

あとは、食物アレルギーの可能性もあるとは言われたのですが、これは私も旦那もイマイチ納得できず。。
と、いいますのもゑびすのカイカイは季節限定ですのでね。
食物アレルギーなら一年中出てもおかしくないのでは?という解釈です。

先生も食物アレルギーとまではいかないけれど、フードの見直しはして見たほうがいいかも?とのアドバイス。
(獣医さん的にはフランスでは一般的なロイヤルカナンとかプロプランの療法食を勧められます。)

なんとなく消化不良ではあったのですが、とりあえず、お薬服用。

で、現在ですが。。。(お薬服用は2週間でしたので、もう済んでいます)
このようになっています。。。

※自主規制しておりませんので悪しからず。。。苦笑

P1230660_convert_20161028023808.jpg

笑いこっちゃない早よ病院連れて行け!!とお叱りを受けてもしょうがないなーとは覚悟の上で写真も載せますし、私の考えも書き残しておきます。

見ての通り、お腹部分に湿疹ができています。(見えやすいように胸毛はかき分けておりますが、換毛期でだいぶ薄く放っています。)

が、今の所獣医さんには連れて行く予定はないです。
もうしばらく、私の方で様子を見たいのです。

と、いいますもの、約2週間前から、ゑびすの夜ご飯を手作り食に変えました。
朝はフードをあげていますが。

それが何か?といいますと、結局、ゑびすのこれは免疫力の問題ではなかろうか?と思っていまして。
手作り食にすると同じフードを与えるよりは免疫力を上げることも可能とのことですし、何が入っているかはっきり把握できるのでアレルギーの有無もわかりやすいかと。

もちろん、これ以上酷くなるようなら即連れて行くつもりです。

が、今の所、このように湿疹は出ていますが、本犬そう痒がることもなく、痛くもないようなのです。

とにかく、今は清潔にして、乾燥しないように保湿することを心がけて様子を見ています。

ちなみに手足の炎症はお薬が効いたようですっかりよくなりました。

そんなわけで、ゑびすの手足とお腹のカイカイは別々の原因によるものなんじゃなかろうか?と推測しております。
(もちろん飼い主の勝手な推測ですけど。)


先生が今回おっしゃっていたのは、ノミというよりはダニかも?と。

手の方はアカラスじゃないかな〜?と密かに私は疑っています。
が、もし、アカラスとしてもそう酷くはない方だなとは思いますが。(アカラス症

お腹はなんでしょうね〜?苦笑

アポクエルもあまり効きませんでしたし、抗生剤もあまり効かなかったようです。

ただ、今の所、良くもなっていませんが、悪くもなっていません。

P1230666_convert_20161028023942.jpg



そして、私が思うのが、いつも決まってこの時期というのは換毛期の季節です。
どうも、ゑびすの場合換毛期に免疫力や抵抗力が低下するのでは?と思っています。

普段はなんでもないようなことがこの時期だけ反応するのでは?と。

と、いうことはやはり食事の見直しを図って体質改善を目指してはどうかと。
まぁそこまではいかないにしても換毛期の始まる少し前から換毛期にかけての食事は見直したほうがいいかな〜と。

しかも今年は、夏にバイヤちゃんのお陰?で痩せてしまったゑびす。
実はなんと体重がまだ戻りません。

ゑびす的に(ラムが来たりで)何かと忙しくしていたので体重を増やす暇がなかったようなのです。

これは食事管理をしている、私にも責任があるなぁと。
冬に向かって自然と戻るだろうと勝手に思っていましたが(例年ならそうなので)あまり気にしていなかったのですが、やはり早めに食事を増やすなりして体重を戻してあげればよかったと反省しています。

よって、現在、もりもり逆ダイエット中です!!笑

ゑびすもとにかくお腹が空くらしく、いくらあげても足りない様子。。。苦笑
どんだけ飢えてるんだ!!って感じです。。

P1230668_convert_20161028024110.jpg


先にも書きました通り、患部の痒みや痛みはほとんどないようですし、本犬は至って元気です。
他に症状も見られませんし(食欲旺盛という以外。)、私の独断ではありますが、もうしばらく様子を見てみようと思います。

まぁ親分はハナっから気にしてないんですけどね。。。苦笑

確かに多少、私も神経質なとこあるんですけど。。

手作り食に関してはまた次回、詳しく書きたいと思います。

とりあえず、この週末はまた忙しいので、なんとしてもまだホヤホヤな話題のうちに記録として書き留めておきたかった内容です。


ゑびすの場合は先生もおっしゃっていましたが、手にしろお腹にしろ、原因が一つではなかろうとのことでした。
だた、もともとアトピーじゃないですが、肌が弱いみたいで、複数の原因が重なってこのような症状が出るのであろうとの見解でした。

複数の原因とは天候だったり、換毛期だったり、のみやダニ、ストレスect。。。


兎にも角にも焦らずじっくり向き合ってしっかり治していけたら思います。



コパンコパン。



ペットを取り巻く環境について考えてみる運動を展開中!!



書きたい話題はたくさん?あるのですが、なかなか先に進まない。。。苦笑

ラムちゃん最終章にします!!笑

何となく微妙な距離感で過ぎた1週目。
2週目に入ったところで、何とラムは足を負傷し、手術することに!!
とはいえ、そんな大げさなことでもなく、何やらパッドに刺さってしまっている棘?を抜くのに、麻酔しなけりゃならないという。
散歩中に刺さったかしら?と心配していたのですが、結果を聞きましたらどうやらその植物は夏前には刺さっていたものらしく、それが徐々に炎症を起こしてしまっていたらしいのです。
なぜ夏前のものとわかったかと言いますと、その植物がその形状なのは春だからなんだそうです。

そんなわけで、2週目はエリザベス装着での出勤となったラム。笑(写真がなくて残念です)

本犬は。。。まぁね陽気なEコッカーですので、全く意に介さずエリザベスがあっても全く問題なく、いつもの日常。

が、しかしですね、エリザベスついてるんですよ。

普段通りに行動されると非常にまたこれは周りがですね。。。大変です。笑

それで、ゑびすはと言いますと。
このエリザベスのついたラムを非常に警戒し、いつものような動きをしてゑびすにぶつかってくると、ガチで怒ってました。苦笑

そんな2週目を過ごしてからのエリザベスが取れた3週目。

なんかいきなり急接近❤️

P1230631_convert_20161027014846.jpg

犬というのは何をきっかけに。。何を基準に仲良しになれるなれないっていうのがあるのか未だにわからないのですが、ラムとゑびすはお互い玉付きの♂同士なのに、コパンコパン(親友)になっちゃいました〜!

P1230632_convert_20161027020816.jpg

でも、実はこんな風に遊ぶのは朝限定。笑

P1230635_convert_20161027021010.jpg

その基準もようわかりません。。。

しかも誘うのはゑびすです。

P1230636_convert_20161027021142.jpg

ちなみに走り回る姿はマッハ過ぎて写真に撮れません。

さらに言いますと、お気づきと思いますが、全部窓越しに撮っております。

私が一緒に庭に出ると遊びません。

なぜかと、言いますと、基本的にラムはゑびすと遊ぶより、私に(人間)構ってもらいたい甘えん坊で、私の姿が見えるとゑびすのことなんかガチ無視です。笑


1歳半の子に遊ぼうよ〜と甘える6歳(おっさん)。

P1230644_convert_20161027021250.jpg

おっさんと遊んでやったぜと言う1歳半。

P1230647_convert_20161027021414.jpg

せっかくいいとこなのに邪魔すんなよとご不満のおっさん。。

P1230648_convert_20161027021539.jpg

あ。。。邪魔してスミマセン。。。。苦笑


そんな感じで、なんかすっごい仲良しなっちゃって。
飼い主さんももし、ラムを預けて出かけなきゃいけない時はここに連れてきてもいいかなー?と言うくらい。
もちろんオッケーですとも!!

可愛いラムちゃん、いつでもいらっしゃ〜い♪





まっでも家主の義母は嫌がるかな。。。
庭には穴掘るし、勝手にソファには登るし、耳にいろんなものをたくさん付けてきて、家の中散らかすしね。。笑


いろんなエピソードはまだまだあるんですけど、ラムちゃんの話題はここで一旦終了しまーす!

何か関連することがあれば小出しにしていきたいと思います。
とりあえず、仕事が忙しく、写真もほとんどないので、この辺で。。。


あ。。。余談ですが、次にもしワンコを迎えるとしてもやっぱボーダーだなと思いました。笑
まっでもコッカーも候補にはあっていいかなーと後半には思い始めましたけどね。

どっちにしろ、個々の性格もありますからね〜。

多頭飼いイメージのいい経験させてもらいました!!

ラムちゃん、またね〜。

Eコッカー代表。



ペットを取り巻く環境について考えてみる運動を展開中!!


いかん。。。またしても少し空いてしまいましたが。。

今日はラムに関して少々。

P1230594_convert_20161023220658.jpg

先にも書きましたが、ラムは今回一緒に働いた方のワンコです。
が、この方が普段出入りされているシャトーには、私たちも仕事でたまに出入りしてまして。
その方が仕事でそのシャトーにおられるときは、そのシャトーの中庭にオーナーのワンコとともにラムもいます。
そんなわけで、私たちが仕事でそのシャトーに行ったときは、ラムが中庭にいることが多く、すでに私たちはラムを知っていました。

ちなみに、そのシャトーのワンコがラムのお母さんです。

瓜二つ。笑

なので、私たちはラムのお母さんも知っています。

ラムのお母さんをみて、気になっていたEコッカーという犬種がますます可愛いなぁと思うようになっていた、私たち夫婦。

P1230590_convert_20161023220513.jpg

多頭飼い希望のことは皆さんもご存知とは思いますが、次の子を必ずしもボーダーでとは考えていません。
もちろんボーダーは大好きですけど、色々な面も考えて、ボーダーより小さな犬種もいいんじゃなかろうか?とは旦那とも話していました。
で、このラムのお母さんを見たときに、旦那とEコッカーもなかなか良いねと。

ただ、このラムとラムのお母さんですが、写真を見てもわかるように、普段私らがよく見かけるEコッカーとちょっとタイプが違います。

Eコッカーイメージ画像。 Cocker-spaniel-anglais-3.jpg


ワーキングタイプなのもあると思いますが、多分そういうふうに作られているブリーダーさんだと思うのですが、かなりシュッとした印象です。
タルタルが少ないとも言いますか。。。笑
お顔がちょっとダックスっぽいイメージなのですよね。

さて、このラム親子。。
めっちゃくちゃ甘えん坊ですごいです。
撫でようとしたらもうすごい勢いでよじ登ってきます。笑

それがまた可愛くて。。

そんな経緯からの今回、ラムの飼い主さんと一緒にお仕事することになり、ラムをうちに連れてくるとなった日にはちょっと小躍りしたい気分になりましたよ⭐︎

お散歩とか楽しみー!!

って。



P1230578_convert_20161023220823.jpg 
ストーカー待機中。




初日。

そんな私の夢は打ち砕かれました。笑



ゑびすも神経使って疲れた初日でしたが、私も疲れました。。
まさかここまですごいとは。。。

噂には聞いてましたよ。
Eコッカーって割と興奮症の子が多く、とってもアクティブ。
さらに陽気で明るく、天真爛漫。

まぁそうなんですよ。そう言われればそうなんですよ。
ラムなんて絵に書いたようなEコッカーですよ。

激しい激しい。

アクティブというかとにかく多動多動。
全く落ち着きません。

一応、ラムは猟犬としてトレーナーさんに預けられての躾を受けています。
家庭犬とはちょっと違いますので、おすわりや待てなんかはあまりできません。

ただ、呼び戻しだけは120%完璧です。

初日は私も手探りでしたので、ゑびすが小さい頃に使っていたハーネスを引っ張り出してきてラムにつけて見たらちょうど良かったので、ゑびすはいつも通りフリーでラムはハーネスで散歩に出たのですが。。

引っ張りはものすごく、さらに右へ左へと急な方向転換も激しく、私、肩が外れるかと思ったほど。。。

本犬も急発進したりするもんですから、勢いつきすぎてビヨーンと飛んでしまうことも。。。


家の庭にはなせばあちこちに穴を掘りまくる。。
それを叱ろうと呼ぶと尻尾ブンブンでやってきて、叱っていても常に楽しそうなのですよ。。。

アホなのか?と思うほど底抜けの陽気さです。

そんなわけで初日は私もどう扱っていいものかと戸惑ってしまい、疲れましたー。

こんなに性格も違うものなんですねぇ。。

P1230579_convert_20161023221025.jpg
いつものゑびすの定位置を取られてご不満の様子。

人の家なんて遠慮はもちろんなく、ゑびすに敬意もなく。笑
でもって、遠慮なしにゑびすにぺろぺろ攻撃を仕掛けに行って、ゑびすが戸惑っているうちに嵐のごとく去っていく。
そしてまた戻ってくる。そしてまた去っていく。そして穴を掘る。怒られる。が、なんか褒められてると勘違いしてる?
と、思えば木に止まりにやってきた鳥が気になってしょうがなくなる。。

それの繰り返し。

つかみどころのないやつです。

でもね、まだラムは1歳半っていうものあります。
まだまだパピーですからね、元気一杯でいいのですよね。
多少の無礼もパピーですから、ゑびすは気にしないのですよ。

そんなわけで、何となく、相性は悪くない二人。

P1230581_convert_20161023221140.jpg
仲良く、おやつ待ち。

一緒に遊んだりはしませんが、付かず離れずの良い関係でのスタートが切れました。

さてさて、このひと月どう変化していくのか??

続く。。。

P1230584_convert_20161023224350.jpg

チョロQ「ラム」。



ペットを取り巻く環境について考えてみる運動を展開中!!


久々にナンノコッチャ?というようなタイトルですが。。。笑

このひと月ほどPC開く余裕もないほど多忙だったのですが、ゑびすもそれなりに多忙だったのです。

と、言いますもの、こんな子がある日突然現れたのです。(ゑびすからしたら。)

P1230549_convert_20161020035638.jpg ズドドドドド。

とにかく、予測できない動きをするすばしっこいヤツ。

P1230551_convert_20161020035846.jpg ズドドドドド。

ひたすら走り続ける姿はチョロQそのもの。

P1230553_convert_20161020040016.jpg すんすんズドドドすんすんズドド。

その名は「ラム」。笑

P1230568_convert_20161020040424.jpg ラムだよ♪


実はこのひと月の間、一緒に働いていた料理人さんが自分のワンコを出勤時に一緒に連れてきて、日中はうちにゑびすと一緒に置いていたのですよ。
そして仕事が終わったら、一緒に連れて帰るという日々だったのです。

どちらも性格がよく、遊び好きな子なので一緒に遊ぶかどうかは別にしても喧嘩することはないだろうとの予想で一緒にしてみました。
しかもラムくんはまだ1歳半のお子ちゃまなのですし、ゑびすのホームなので問題ないかなと。

初日は慎重に観察しましたが。。。

とにかく、動きまくるラム。笑

それもそのはず。ラムはイングリッシュコッカーのワーキングタイプ@♂。
実際に飼い主さんが狩猟を嗜まれるので猟犬として飼われています。

そして片やゑびすは一応牧羊犬。
動くものは気になります。。。

そんなわけで初日はとにかく神経使いまくって、疲れ果て一日を終えたゑびすでした。。笑

P1230558_convert_20161020040256.jpg あれは何なんだ。。。

さてさて、この一ヶ月でどうなることやら?!

と、いうラムとゑびすのこの一ヶ月間のお話をこれから数回にかけてしていきたいと思います!!

P1230554_convert_20161020040135.jpg ひゃほーい♪

アジリティー競技会'16 第3戦。 


※16日に動画なしで一度アップしましたが17日に再度、動画を加えてアップし直しています。

ペットを取り巻く環境について考えてみる運動を展開中!!


週頭は更新できないかな?と思って、先の記事を書いたのですが本日ぽっかりと午後の時間が空いたので更新します!!笑

まず、なぜ今日の午後にぽっかりと時間が空いたかと言いますと。。。
本来なら、この10月16日(日)はゑびすと親分のアジ第3戦だったのですが、訳ありで午前中で競技会を切り上げて帰宅したのですよ。。。

とりあえず1本走ってきた動画をどうぞ〜。



はい。ご覧の通り、途中で競技をやめました。
と、言いますか、審判からストップがかかりました。

ちょっとこの動画じゃ分かりづらいかもしれませんが、みなさんはどう思われますか??


ゑびす。。


足、もしくは腰が悪いと思われますか??

確かに走りはダメダメでした。。。苦笑
1ヶ月全く練習していませんし、感覚を取り戻そうくらいの感じでの参加でした。
会場も家から近く、車で30分ほどのところでしたので、仕事で忙しかったのですが、参加してみたのですが、やはり親分も疲れているし、練習はしてないしで、親分とゑびすのタイミングが全く合わず。。。というのは認めます。

が、この審判。とっても感じの悪い人で、私たちだけではなく、他の人にも失敗をすると皮肉って最後まで競技を見届けないという。。。

ゑびすの場合も、2回バーを落として、誘導ミスでAフレームの入りがうまくできなかったためにゑびすは濡れていたAフレームがうまく勢いをつけて登れず、さらにスラも後半でミスってしまい、ここで審判から「はいーもうやめやめ。。やめて〜」と声がかかり、親分も気を取られて又しても変に誘導してしまい、スラの後のハードルにゑびす激突に近い感じになってしまい。。審判が「オタクの犬、足おかしいからそこでやめてー。」と再び、言われてドッグウォークのところで競技をストップしました。

周りで見てた人も、なんか勢いづいて、後ろ足おかしいんじゃないかー?とかヤジを飛ばされ、憤慨気味にフィールドを出た親分。。。

出てから、親分も興奮してしまい、もうゑびすとアジリティーはおしまいだな!!と。。。

なんとか親分を落ち着かせてから、一緒に参加していたアジのF先生と話しました。。

私たちとF先生はただ、1ヶ月練習していなかったし、元々ゑびすはハードルを飛ぶ前に歩幅を合わせる癖があること、親分の誘導がダメダメだったことがバーを引っ掛けた原因であって、決して足腰が悪いわけではないと思うと話しました。

ただ、絶対悪いわけではないとは言い切れないので来週にでも一応獣医さんに相談してみようとは思いますが。

とはいえ、普段の生活では問題なく、ボール遊びなどではジャンピングキャッチもするし、車にも飛び乗るし、寝ている状態から起き上がる時の違和感などもありません。

性格的にもしかしたらあの競技会の雰囲気も苦手なのかな〜?とも。
と、いうかまだ慣れていませんしね。。

そんなわけで、周りの人からも足が悪いや何やとヤーヤー言われたので、その後の種目に参加できるわけもなく、会場の目もあるので競技の見学を続けるのも気が引けて、帰宅したのでした。

獣医さんには連れて行く予定ですが、以前にも股関節について聞いた時に日常生活で異常が見られない限り、全身麻酔のリスクを負ってまでレントゲンをする必要はないと言われたのですよね。。
確かに全身麻酔してまでレントゲン撮ってバーを引っ掛ける原因を探すほど、日常生活には困っていません。
無理をしてアジリティーを続けるほど競技にのめり込んでいるわけでもないです。

もしかしたら、アジを辞めてしまうかもしれませんが、とりあえず、獣医さんに行って、診てもらい、大丈夫そうだったらアジの練習は続けていこうかなという考えです。
一応来月の競技会もエントリーはすでにしているので、何もなければ来月は練習を再開してから競技会には臨みたいと思っています。

ただ、親分とゑびすのアジリティーって不器用同士がやってますからね。。苦笑
下手くそではありますが、二人とも楽しんでいるのですよ。

できればもう少しは続けていけたらいいなぁと思います。


に、しても本当今日の審判感じ悪かったわ〜。
せめて最後までやらせてくれればよかったのに。。。

前回、前々回の審判さんは良い方たちで、下手くそなコンビも温かく見守ってくれて、アドバイスをしてくれたり点数にはならなくてもやり直しをさせてくれたり、犬のことも考えて、良い雰囲気でコースを終われるように配慮してくれるような審判だったのですが、今回の人は本当ひどかった。。。

オビもそうだけど、こういう競技会って割と審判との相性もあるんですよねぇ。。。

ゑびすの様子もみながら今後どうしていくかはまた決めたいと思います。




と!!ここまで書ききったところで、動画がどうしてもアップできないというトラブル!!
なぜ?!
動画がないのでますますわかりづらい内容になってしまいますが、とりあえず、動画なしでアップします。
また後日試してみてアップできたら、報告しますね。

久々のアップなのにこんな記事ですみません。。。苦笑

ひとまず。

ひとまず。報告までに。。。笑

私も、親分ももちろんゑびすも元気でーす!!
ちゃん生きてます!!笑

ただ、超繁忙期につきPCを開く時間すらほとんどありません。。。苦笑
(商売が繁盛していることはいいことなんですけどね。。)

とはいえ、この土曜日でひと段落つきましたので来週あたりからぼちぼちブログ復帰できると思います。

またみなさんのブログにもお邪魔させてもらうと思いますのでよろしくお願いします!!

このブログはしばしお待ち下さいませ。。。
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2016年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: