あだ名。

ヱビスはヱビスという名前ですが、私たち夫婦の中でというか、特に旦那の中であだ名がふたつほどあります。

ひとつはロシア風。

ヱビスノフスキー。略して「ノフスキー」。

もうひとつは「ビスコッチィ」。

どっちも意味はありません。
由来も特にありません。

もちろん、ヱビスを呼ぶ時はちゃんと「ヱビス」と呼ぶのですが、二人の中での会話でヱビスが出てくるとだいたいこのふたつのうちどちらかが出てきます。

例えば旦那が私に「ヱビスの散歩行く?」と聞く時は「ノフスキーの散歩行く?」となるわけです。

なんなんでしょうな、このあだ名。
つられて私も言ってしまう事あるんですよね。
なんかゴロがいいというかなんというか。笑

ちなみに猫のボブは最近、中華風で「ボブ•チャン」と呼ばれています。
あくまでも日本風のボブちゃんではなく、ジェッキー•チェン風のボブ•チャンです。

さて、今日は久々に太陽がでまして、日向ぼっこ中のヱビスを直撃したところ、ちょっと迷惑そうでしたが相手してくれました。笑
P1030603_convert_20111212215826.jpg なぁに~。

ちょっと凛々しいのを一枚お願いします。

P1030602_convert_20111212215940.jpg


去年の今日の写真。
ヱビスちっちゃーい!!

P1000871_convert_20101212023011.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

モフも
ブーさん
シャパさん
シャンテ
等、意味不明のあだ名がたくさんあります(ノ∀`)

ロシア風や中国風って(笑)

しつけの本には
家族みんなで同じ名前で呼びましょうって書いていますが
これは何気にめちゃくちゃ難しいですね(#^.^#)

No title

ロスさま>
モフくんのぶーさんはロスさんのブログにも出てきますが、シャバさん、シャンテって…。笑
シャンテはフランス語から来てますか?ちなみに歌うという意味ですが。

あえていうならビスコッチィはイタリア風でしょうか?笑
ロシア風はなんとなく気に入ってます。笑

うちは一応本犬を呼ぶ時は「ヱビス」で統一されてますよ。
が、稀に旦那は全く違う名前で呼びますけどね。
あだ名とはまた違う、「ジャン•クロード」とか思いっきり人の名前です。笑
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: