ワクチン。

昨日は獣医さんのところへワクチン接種に行ってきました。
毎年この季節になると獣医さんの方から案内のハガキがきますので、忘れずにワクチン接種ができます。

さて、ヱビスですが、最初車に乗るときはどこにお出かけなの〜?とテンションアゲアゲだったのですが、獣医さん所が近づくにつれ、やはり何か感じたのでしょうか?
急に不安顔でキュンキュン言い出しました。笑

P1070244_convert_20130126203947.jpg きゅ〜ん。
鼻鳴きをせっかく動画に撮ったのにまさかの手違いで消去。涙

どうも最近獣医さんが苦手なヱビスです。
まぁでも獣医さん曰く、大人になったらいろんな匂いがする獣医さんのところで緊張するのは当たり前だとの事とのことなので、確かにそれもそうですね。
苦手って言うだけで、すんごい暴れるとかがんがん吠えちゃうとかで断固拒否って程ではないので、大丈夫なのですが、とにかくガクブルに近い状態で笑っちゃいけないけどちょっと笑えます。笑

P1070247_convert_20130126204113.jpg 体重計には乗りません!!
この後私に素直に抱えられ体重計に大人しく乗ったヱビスです。笑 19,5kg。

さて、ヱビスのワクチンですが、今更ですがどんなワクチンなのか調べてみました。
狂犬病+4種混合ワクチンでした。

覚え書きとしてちょっと…。
ヱビスのワクチンはCHLPと言います。
C→ maladie de Carré>犬ジステンパー(ジステンパーウイルス)
H → hépatit>犬伝染性肝炎(犬アデノウイルス1:CAV1)
L→ leptospirose>レプトスピラ症
P → parvovirose>犬パルボウイルス感染症(犬パルボウイルス:CPV)

プラス狂犬病→Rageというワクチンです。

このワクチン接種の記録はヱビスのパスポートに記載されます。
なんでも重要なのは狂犬病の予防接種でこれはパスポートに必須事項のようです。

その後、今回は女医先生だったのですが、耳や口の中や目、体中を触られたヱビス。
隙あらば逃げ出そうとしていましたが、がっちり私と親分に捕まえられててその野望は果たせませんでした。

結果としてはもちろん異常なところは見受けられず、筋肉のつき方も良く、毛並みの色つやも申し分なしで性格もいいという事で太鼓判頂きました。

ちなみにこのワクチン接種に合わせて健康診断(血液検査)や股関節形成不全も見てもらえるのか?という質問を事前に電話で問い合わせていたのですが、回答としては、犬の健康診断としての血液検査をして欲しいというのは初めて聞いたし、やってないし、やってもあまり意味はないとの返答。もし、血統になんらかの病気があるラインであればする必要はあるけど、ないのであればわざわざやる必要はないと言われました。
もし、これから交配させようという目的での検査であれば話は別のようでしたが、そこまでは確認しませんでした。
股関節に関しても何の症状もないのに、全身麻酔かけてまでレントゲンをとる必要はないとの事。
私はこの辺りの話は全部日本から仕入れて来ているので、フランスは違うんだなーと改めて実感しました。
ちなみに獣医さんにきっと日本はあまりよくないブリーディングをしているから病気を持った子などが出やすく、そういう検査も日常的にやるようになってるのではないでしょうかと言われ、確かにと返す言葉はありませんでした。
とはいえ、もしかしたら私達が通っている獣医さんが知らないだけなのかもしれませんが、この女医先生は程よく若くっていろいろ親切に見てくれるし信用出来そうな感じなので、とりあえず、今回は獣医さんに従う事にしました。

もちろん、多くがそうではないでしょうけど、ボーダーのブログを見ているだけでも股関節や他の遺伝性の病気の事もちょくちょく見かけますし、あまり良く無いブリーダーさんの話もあったりするのも事実なので、きちんと真面目なブリダーさんしかいないのであれば遺伝性の病気など検査する必要もないものなのかもしれませんね。もうその病気自体がないと言っても過言ではないのかもしれません。
フランスの事情は詳しく知りませんが、ボーダーに関して言えば、家庭犬として作っているところはそんなにないように思います。農場で働く事を前提に交配されているのがほとんどかもしれません。
あとはブリーダーさんところじゃなく、そんな農場で交配させていたりですね。
とはいえ、イギリスやドイツなんかに比べるとフランスのペット事情もあまり良いものではなさそうですけどね。
まぁあくまでも個人的な感想です。


そうそう、先生にシャンプーしてきたの?って聞かれちゃいました。
え?いやぁ特に…と返すと、だって毛がツンツン立ってるからね、シャンプーしたてなのかと思ったわ〜。いつも普段からこうなの?
などど笑って聞かれてしまいました。笑
確かにあのシャンプー後未だにわほわほ感が抜けないヱビスです…。苦笑


とりあえず、ヱビスは健康!
ワクチンも無事に済んだし、これからも元気一杯楽しく暮らしていこう!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本人って検査好きだから
自分のワンコも検査を進められると
やってしまうのかも(笑)

モフの場合も
「若い時からデータを取っておくと
何かのときに役にたつかも」
という話と
ワクチンとセットになると安くなるので
年に一度やっています。

日本は獣医さんの数が半端ないので
商売上、いろんな検査を勧めてくるのかもしれませんね…


No title

ロスさま>
ワンコの検査というのも日本人の国民性の現れかもしれないですね。ちなみにフランスは人間の健康診断というものあまり聞きません。60過ぎたら受けましょう。位のものですよ。苦笑

獣医さんの数はフランスもけっこう多いのじゃないでしょうか?
うち付近で、人工の割に3件獣医さんがありますので。
でもそれこそこの辺の獣医さんは犬猫から羊馬に至るまでになると思いますよ〜。笑
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: