運動量。

ゑびすは野生児。

そして旦那も野生児。

2人で遊ぶ時の(主にボール遊びですが)遊び方が激しい・・。

ゑびすはボール遊びが大好きですが、旦那はやらせ過ぎじゃないかなと気になってきた今日この頃。
しかも庭の方じゃなく、砂利の方だし・・。

だって、こんなんですよ。

P1010151_convert_20110209050333.jpg がぉー!!

すんごい猛ダッシュ。
P1010149_convert_20110209050511.jpg そりゃー!!

とうりゃぁーって感じで。
P1010150_convert_20110209050454.jpg うおー!!

さらにはボールを投げて。(ボールは取れてないけど・・・)
P1010145_convert_20110209050547.jpg

おっ?!こっちはナイスキャッチ!!
P1010153_convert_20110209050642.jpg

んで、この満足気な表情。
P1010163_convert_20110209050704.jpg


いやいや、どう考えても5ヶ月の仔犬にさせる運動じゃないのでは?

気になってネットで調べて見ましたところ、やはり仔犬にこんな運動はさせてはいけないと書いてありました。
(こんなというのは具体的に言うと、ボールを遠くまで投げて必死に追いかけさせる事を繰り返す。)

ボーダーは運動量が必要な犬種だからとか、犬も喜んでするし、また飼い主も方も犬が喜んでるからついついたくさん遊んであげてしまう。というので、運動量過度になり、大人になったときにはもう体がボロボロという事もあるそうです。

怖い怖い。無知って怖い・・。

ネットに書いてある事を丸々信じるわけでもないのですが、普通に考えて、人間だってそうだ思うんです。
小さい頃に激しい運動をさせると故障しやすいですよね。
もちろん、小さい頃からやってる天才も中にはいましょうけど・・。

いやいや、うちは散歩で十分に運動量足りてるくらいだと思うんで、ボール遊びはもう少し激しさを控えなくてはいけないですね。

前回の5ヶ月。の食事の量だってそうですけど、もっともっと気をつけないと、後から大変な事になりかねないのです。

過保護にしようとは思っていませんが、最低限、今後ゑびすの成長に関わる事に関してはもっとちゃんと勉強して知識をつけていきたいと改めて感じた、今日でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私達のボーダー仲間では、1歳まではあまりジャンプなどはさせない(未熟な関節に負担を掛けない)方が
良いと言います。
特に後足2本で着地をするようなジャンプは危険です。
ボーダーは散歩をするより100mをダッシュで走らせた方が満足する犬種です。
ゑびす君もボール遊びをする時は、papaにボールを投げてもらうのではなく、転がしてもらってあまりジャンプをさせない方が良いと思いますよ。
papaやmamaと引っ張っこをするのも良いですね。
papaとmamaと一緒に駆けっこをしたり、papaとmamaとたくさん遊んで下さいね。
でも、ボーダーは遊ばせればくたくたに疲れ果てるまで遊んでしまうので、飼い主さんが舌の出方なので判断して遊びを止めて休憩させた方が良いですよ。
何だかお節介なおばさんでごめんなさい。v-435
ゑびす君の可愛い姿を見るとついつい・・・すみません。

No title

wellママ様>
アドバイスありがとうございます。

この辺りではまずボーダーを飼っている人はいないし、犬を飼っていても猟犬で、家庭犬とはまた躾が違うので、参考にできる人がいないんですよ。
なので、こうやって実際にボーダーを飼ってる方にアドバイスを頂けるととても助かります。

間違ったボーダーの育て方をするところでした。

ジャンプには気をつけます。
旦那はゑびすが喜んでするので、疲れ果ててへとへとになるまで遊んでやっていたので、要指導しておきます!!笑

これからも何かお気づきの点がありましたら、どんどんアドバイスお願いします!!
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: