愛人。

フランス語で主人、飼い主のことはmaître(メトル)と言います。
そしてフランス語の面倒な所がコレが女主人だとmaîtresse(メトレス)になります。
この単語には「先生」という意味もあります。まぁ英語でいうとマスターですね。

で、もうひとつ。
メトレスの方には3番目の意味があるのです。ちなみにメトルの方にその意味はないです。

それは「愛人」


さて、散歩中にたまに近所の人等に出会うと必ずご挨拶に行くヱビス。
一通りなでなでしてもらったら呼ばなくとも戻っては来ますが、相手の方はよしよしとしたら大概「さぁ飼い主さんのところにお戻り」とヱビスを戻るように促してくれます。

このときに私に対してもちろん、私は女飼い主ですので「メトレス」が使われるのです。
当たり前の事です。

が、どうしても私には「ほら、早く愛人の元へお戻り」と、言われてるような気がしてならないのです。笑
まぁ私が勝手に頭の中でそう捉えているだけであって、相手にそんな気持ちは露程もないんですけどね。笑
その響きがなんだかかくすぐったい変態カイヌシです。

まぁイヌが変態であればカイヌシも変態って事ですかね?笑

と、どうでもいい話でした。笑

そして、意外にも灯台もと暗しで家の超近所に藤が見事に咲いてました。
ちょっと高い位置でしたが、パチリ。

P1090226_convert_20130503012421.jpg

も一枚。

P1090229_convert_20130503012720.jpg

そして、リラの花も。ライラックと言った方が伝わりますかね。

P1090237_convert_20130503013027.jpg

ぶどうの木もブドウの芽?が出てきましたよ。

P1090223_convert_20130503011833.jpg

最後は野生のカモミール。

P1090224_convert_20130503012123.jpg

いろんな花の香りがいっぱいの時期になってきました〜♪
ヱビスもよくお鼻をくんくんさせています。

植物がぐんぐん成長中!ヱビスも負けずにぐんぐん成長していこう!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: