LOF。

LOF=Livre des Origines Français

何かと言いますと、要は日本で言う所の血統書のようなものです。

「ようなもの」と言うのはフランスは日本と違い血統書が2段階にわかれます。

産まれた時に発行されるLOF。
その後申請と審査が必要なPEDIGREE。

LOFは PEDIGREEを持つ両親犬から産まれ、さらに母犬側のブリーダーがフランスケンネルクラブに申請する事で発行される仔犬の証明書です。
PEDIGREEはLOFを持つ仔犬が12ヶ月から15ヶ月(犬種によって違います)の間にフランスケンネルクラブの申請し、審査をパスした時に与えられる「繁殖可能な犬ですよ」という証明書です。

一般家庭で飼う分においてLOFは重視されますが、PEDIGREEの方はブリーダーでない限り申請する人はほとんどいないようです。

P1120719_convert_20140328022908.jpg

そして、ヱビス。何を隠そう(別に隠しておいたわけではありませんが…苦笑)LOFなしなんです。

日本で言う所の「血統書なし」の犬なんです。
道理で安かったわけだ。笑(ちなみにヱビスは450€でした。だいたいの相場は600€です)
実はヱビスを買う時にそういうところに気をつけていませんでした。
ちゃんとブリーダーさんの所から買ったので付いてて当たり前だと勝手に思っていたんですね。
その後も特に気にしておらず、最近になってそういえばどうなってんだっけ?と思って調べてわかった次第です。苦笑

P1120721_convert_20140328023030.jpg

でも正直言って、血統書なしってどうなんだ??って思いますよね?

そしてこれまた最近知った事なのですが、実はフランスにおいてボーダーコリーだけは血統書が特別なのです。

フランスにおいてボーダーコリーはLOF+シープドッグトライアルの審査を受けてパスした両親犬から産まれた仔犬にしかLOFは発行されません。
なので、ただのLOF同士の仔犬ではLOFにはならないんですね。

P1120722_convert_20140328023320.jpg

ヱビスのお里にはLOF+シープドッグトライアル審査をパスした犬達もいますが、たまたまヱビスのお母さんはどうやらそのシープドッグトライアルの審査を受けてなかったようです。

そういうブリーディングの仕方がいいのかどうかは私では判断できませんが、ブリーダーさんはボーダーコリーの価値よりもただ単純な家庭犬に向いたボーダーコリーというのも作ってみたかったのかもしれません。
そのあたりの真相は私にはわかりません。
ただ悪徳ブリーダーではなさそうなので、何かしら考えがあったと思いたい所です。

と、いうことでヱビスはLOFではありませんが、立派なボーダーコリーに間違いはありません!!(たぶん…笑)
そして私達といっしょに勉強して、アジリティだってがんばるし、トレーニングだってがんばっています。(ちょっぴり怠け者だけど…笑)
さらに、家庭犬としての素質も十分申し分なくとても飼い易い性格です。

今日だって、近所のぶどう畑で働く男の人に(散歩時によく会うんです)よしよしされて、うちの子の嫁にならないか?と誘われていました。笑
一応、男の子なので…。とお断りしたら、え??そうなの??残念!!と言われましたが。笑
器量よし!!のヱビスでもあります!!

P1120724_convert_20140328023437.jpg

ただ、もしいつの日か次の子を迎えることがあれば今度はちゃんとLOFを持った子にしたいと思います。
出来る限り、ボーダーコリーのいい血を残す為に飼う側が出来る事はそういう所なのかなと思います。

やっぱヱビスにボーダーコリーとしての素質はなかったんだなーと納得しました。笑
そりゃ羊見ながらいっしょに草食べるわけだ。笑

まぁでもそれも機会があればシープ体験もさせてみたいなぁという気持ちがまた新たに出てきて、ヱビスとのこれからが益々楽しみにもなりました☆

※このフランスにおける犬の血統書の話は私の理解不足で多少間違った記載がある可能性があります。もちろん、事実でない事を故意に書いているわけではありませんが、詳細が多少違う事もあるかもしれませんのでその辺りご了承下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

安さ爆発

エビス君もリーズナブルな子だったんですね。ココアもですよ!!お正月特価の1万円赤札な子。6か月近くのホームセンターの売れ残りっ子。やはり家庭犬としてのボーダーで、扱いやすい子。エビス君もココアも、教育と愛情は誰にも負けませんよね。エリート娘になれるよう、これからも義務教育を終え、高校、大学、その上まで目指しちゃいます。がんばりましょう!!

No title

kさま>
そうなんですよ〜今思えばだいぶリーズナブルな子でした。笑
一応私の中では2頭目も考えているので(あくまでも夢ですが。笑)あちこちのブリーダーさんのサイトをたまに覗いているのですが、どこもいいお値段。笑
ちなみに女の子の方が高い傾向にあります。

そうですね、ココアちゃんも特価でしたね。笑
お互い家庭で飼う分には申し分ないですよね〜。
これからもワンコ生活楽しんでがんばっていきましょう♪

No title

初めまして!ボーダーコリー 朝日という女の子を飼っています♪
コメントありがとうございました[腟究–‡絖—:v-10]早速遊びに来ちゃいました[腟究–‡絖—:v-352]
フランスにお住まいなんですね!ヱビス君カッコイイ~[腟究–‡絖—:v-405]

今回のLOF、めちゃくちゃ勉強になりました!
血統書を得るのが日本よりはるかに厳しいんですね。
フランスの規定だと日本のボーダーはほとんどの子が血統書なしですね 笑

ヱビス君は立派なボーダーコリーですよ[腟究–‡絖—:v-398]
アジリティーなど、わたしも亀スピードですが頑張ってます♪[腟究–‡絖—:v-290]
お互い頑張りましょう[腟究–‡絖—:v-411]

No title

朝日ママさま>
ご訪問ありがとうございます!!

LOFについてはもうちょっと調べて追記で記事を書こうと思っているので、この内容でフランスはそうなんだーと理解してしまわないで下さいね。お願いします。
いや、後から考えていたら、では、ショータイプでコンクールに出ているようなタイプの血統の子達はどうなんだろうという疑問が出てきまして…。その子達がわざわざシープドッグトライアルを受けるとは思えませんし、でも血統書がないのもおかしいなぁと。
また調べたいと思っています。

朝日ちゃんもアジリティーがんばって下さいね☆
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: