蜂の襲撃。

うちの親分が養蜂を始めた事は既に記事にしていますが、先日その作業中に事件が起こりました。

養蜂といえばもちろんミツバチで、ミツバチはこちらが刺激を与えなければ襲って来る事はありません。
なので畑の隅に巣箱を置いておいても基本的に全く問題はないのです。

が、もちろんこちらから刺激を与えて興奮させてしまったら攻撃される事ももちろんあります。
とはいえ、アシナガバチやスズメバチほど刺されたからと言って重症にはなりませんが。

P1130415_convert_20140615184245.jpg
壊したのだぁれ?

さてうちの巣箱も普段は全く触りません。
定期的に親分が防護服を来て、ちゃんと内部が形成されているかを確認するだけです。
もちろん蜜がたくさんたまったら収穫(?)しなくてはいけませんが、うちの場合はそれは来年になるでしょう。

それで、先日設置してから初めて親分が内部の確認作業をしました。
私はその場におらず、ヱビスももちろん危ないので離れた所に待機させておいたらしいのですが、悲劇は起こってしまいました。

P1130417_convert_20140615184343.jpg
壊れてないですよ。ふふ。

そうです。
タイトルにもある通り、刺激を与えられたミツバチ達は興奮してヱビスを襲ったのです。
真っ黒だからやはり狙われ易かったんでしょうね。

親分ももちろんミツバチに囲まれています。が親分は防護服を来ているから大丈夫なのですが、まずは自分に着いてるミツバチを取り払わねばヱビスに近づいて行ってもさらに危ないだけです。
親分はささっと自分についてるミツバチを冷静に対処し、ヱビスを救出。
と、かっこ良く言いたいところですが、実際はヱビスは割と冷静でミツバチにわぁと襲われた瞬間は多分わけがわからなかったのでしょうけど、じいっとしていたそうです。
それから、地面にゴロゴロ転がって自分で対処したとか?笑

P1130420_convert_20140615184456.jpg
ゴロゴロしましたよ。

いやしかし、そのあとちくちくしたから少々パニックになったみたいですが、親分がすぐに獣医さんに電話して対処法を聞き、すぐに近くの薬局で薬をもらってきて飲ませたそうです。

その後うちに戻って来た時に事情を聞いた私がヱビスの体を隈無くチェックした所、刺されていたのは2箇所でした。

P1130422_convert_20140615184620.jpg
大丈夫ですよ。

親分の方がその現場を見ていたのでパニックになったようですが、ヱビスのようにダブルコートのワンコだと毛に守られていて意外と刺されないみたいです。
もちろん顔など狙われたら話は違うでしょうけど、ヱビスを襲撃にきたミツバチ達はヱビスの体のみ狙ったようで、結果的に見た目の激しさの割には毛に守られて大丈夫だったという、不幸中の幸いです。

その後ヱビスの様子も観察しましたが、さすがに刺された違和感があるようであちこち舐めたりカミカミしたりしばらくしていましたけど、それも本当しばらくの間だけで、私が刺された箇所を見つけて残っていた針を取ってあげたら気にならなくなったようです。

ご飯もしっかり食べたし、うんPもストレスと感じさせないものだったので何事もないと判断しました。

翌日に、トラウマになっていないかな?と畑に慎重に連れて行きましたが、全く問題なし。

やはり、ヱビスよく言えば肉体的にも精神的にも強い子です。
カイヌシの私達も感心です。

P1130425_convert_20140615184742.jpg
強い子です。

まぁ逆にいえばちょっと鈍いんでしょうけど…。笑

兎にも角にも大事に至らなくて良かったです。
親分もこれを教訓に内部確認作業をするときはかなりの広範囲で人がいない状況の時にしかしないこと。
ちなみに変な話ヱビスで良かったと。苦笑
これが近所のおじいちゃんがたまたま散歩して通りかかっていたり、ましてや私が畑仕事してたりしていたら人が襲われていた事でしょう。
ヱビスだからこの程度で済んだけど、おじいさんとかだったらショックで危なかったかもですよ、ホントに。

ミツバチといえども甘く見ちゃいけないですね。
極端に恐れる必要はないけど、やはり作業は慎重にやってもらわねばです。

今回親分にイエローカード。

まぁでもこの経験で次はない事でしょう。

ヱビス、痛い思いさせてごめんね。でも親分に体を張って教訓を与えてくれてありがとう。笑

ヱビスが強い子で良かった。

でもなんでミツバチは大丈夫で何の危害も与えない蠅は嫌いなんだろ?笑
ヱビスの不思議のひとつです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: