療法食なんぞ。

※今日は写真がなかったので、寝ているヱビスを撮りに行ったら、予想通り困った顔を頂きまして。笑
でもそれが思いの外ラブリー♡で、カイヌシながらそのかわいさにオドロキました。笑


さて、先日、獣医さんところで注文した療法食を昨日、やっと取りに行きました。(過去記事→療法食。

動物性のタンパク質が入ってないアレルギー用のフードって事だったんですが、私の理解力がいまいちだったのか、なんだかわかりませんが、要は普通のアレルギー対応をフードでした。

受付のお姉さんに「高品質の鶏肉、皮を除去したシリアル」を使ったフードで、塩分が入ってないので、最初は食べないかもしれないです。
どうしても食べない場合は返却可能。

との説明。

私はすでに手渡されたフードのメーカーを見て、ふーん…的な感じで、ぶっちゃけこれよりか今私が与えてるフードの方がアレルゲン少ないと思うけど?と。
化学的なものも入ってるしなぁ…。

なんだかなーといまいち納得いかず。

まぁでも最悪返品可能だからとりあえず、これで治るのなら、とりあえずぐっと私のエゴは我慢して与えようと、家路に着きました。

P1150407_convert_20141122051000.jpg
なんだよ〜。

んで、開けてみたけど、うぉー匂いも私的には強烈!!色もなんか人工的だし…。

ヤダなーこんなのあげたくないな感、満載。
まじこれ食べるんですか?みたいな…。

しかもお値段は普段あげてるフードの倍はします。(余計なもの入ってる分高くなるよね。←皮肉。笑)

いやいやいやいや、私の気持ちじゃなくって、ヱビスが治るなら!!

と、とりあえず、今日は普段のフードに混ぜて与える事にしました。

P1150409_convert_20141122051119.jpg ふぃ〜。

いつものようにヱビスのボールにぬるま湯をいっしょに混ぜて「どうぞ。召し上がれ〜♪」(普段はトッピングがありますが、トッピングはなしで。療法食の時はそれ以外は一切ダメだそうで。)

ヱビスもいつものように「いっただきまーす!!」とボールに顔を持って行った瞬間、ぴたっと。
ぴたっと止りました。
そして、クンクン臭いを嗅いでから、不審そうな顔で私を見ます。

それでもめげずに明るい感じで「ほら〜食べな食べな」と促す。

ヱビスもちょっとテンションあがって「うんうん」とボールに顔を近づける。

止る。

………。

不信感満載のお顔頂きました。笑

P1150410_convert_20141122051238.jpg あれは、なしだな。

まぁそれでもお腹すいてたら食べるだろうとしばらく放っておいたのですが、食べません。
しきりに私に何か訴えてきます。

え〜何が嫌なの〜?とごまかしつつ、手にフードを載せて、まずは普段のフードを一粒あげたら、食べる。
そして、療法食のフードをひとつ取ってあげてみたら、顔を背ける。
普段のフード、食べる。
療法食、顔を背ける。

P1150413_convert_20141122051401.jpg
ぷいっと。

………。

これで私の心は決まりました。

療法食なんてくっそくらえ〜〜〜!!笑

ヱビス!!さすがだよ!!君は分かっている!!これが君の体にいいものじゃないってこと!!
えらいぞー!!

と、一人姉御大喜び。笑

で、いつものフードをトッピング乗せてあげました!!笑



ダメ??

P1150417_convert_20141122051521.jpg
いいんでないの?

でも、はっきり言って、そんなに深刻なほど肌の状態が酷いわけではないですし、こんな嫌がるフードを無理矢理に食べさせる方がストレスかかってもっと掻きむしったりするかもでしょう?←勝手な持論ですけど。苦笑

それに、今、私が与えてるフードの事なんて詳しく聞きもせずに、獣医オススメのフードを処方するって、マニアルすぎるんじゃ?

でも実は私は最初このフードを見た時に、これはヱビスがっつくかも?と逆に思いましたよ。
だって、普段はナチュラルなフードで匂いとかも全然きつくない玄米ベースのお魚フードから、ジャンキーな香りのするリッチなフードに変わるんですもの。
逆にこれに食べ慣れて、ナチュラルなフードに戻れなくなったらどうしよーっと心配した位。

でもヱビスは食べませんでした。

えらそうに言える事ではないけど、ヱビスはわかるオトコだな。きっと。

親分もさすが料理人の犬だと言ってました。笑

とりあえず、これは返品します。
そして、もう一回先生に相談してみようと思います。

いい加減な先生ではないのですが、私とのコミュニケーションが足りなかったのかもしれないです。
もっと良く、私の考える事をしっかり伝えてみたいと思います。
そして、私が今与えているフードの内容も伝えようと思います。

アレルギーという可能性はあるかもしれないですが、一年中毛が抜けるわけではないですし、ブログを読み返してもやはり11月なのですよ。
これはやはり普段の食事というよりも季節性のものじゃないかなーと私は思うんですよね〜。
もちろん、自己判断、素人判断はよくないのは承知しておりますので、先生にまた相談してみようと思います。

まぁそれか、違う獣医さんに行ってみるというのも手ですね〜。

この辺り、人間のお医者さんより、獣医さんの方が多いですから〜。笑

とりあえず。これはナシ!!

だからといって放置しておいてもいけないので、ワンコもカイヌシも納得出来る解決策、治療法を探して行きたいと思います。
まだそういう風に言えるだけの症状だと思います。
緊急性はないので、このヱビスの皮膚の弱さとはじっくり向かい合っていきたいと思います!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヱビちゃん、偉いよ!!
やっぱり普段いいもの食べてると
変なものが入ってるのはわかるんだ!!!
ママさん、やったね〜!!
と私まで興奮しちゃった(笑)
身体に悪そうなものは、身体が
拒否るもんね!そういうものは食べない方がいいのさ〜☆

No title

ノアママさま>
共感して頂けます??笑
特に「いいもの」を与えているわけではありませんが、フードを変える時や新しいもののときは私も必ず一口食べます。
もちろん、犬と人間では必要な栄養素とか嗜好も違うでしょうから、私が食べる事に意味がないと言われればそれまでですが、私のエゴで、自分が食べてみてこれならヱビスにあげてもいいと思える物じゃないと与えないようにしています。
とはいえ、おやつのアキレスとか、羊の肺とかはさすがにかじってみた事ないですけど。笑

にしても、ヱビスの反応面白かったですよ。笑
コントみたいでした。笑
まぁそこまで食に欲がある方ではないので、ちょっと気に入らない感じだと不信感満載のお顔が頂けます。笑
ちなみにこの日はこの後ずーっと私に近づきませんでしたよ。涙

フードについてはこれからも検討していきたいと思います。
獣医さんも。

共感頂いてありがとうごいざます☆笑

好き嫌い

うちのお嬢さんも結構好き嫌いが激しいですね。外で他の飼い主さんが犬用クッキーをくれたりしますが、なかなか食べずにじ~っと眺めていたり。最終的には食べることが多いのですが(私の命令には背けないらしい)、普段の食事も食べたくないって時は、カッテージチーズ、プレーンヨーグルト、鰹節、等々、少量のっけてあげると食べ始めます。まあ、ボーダーは、それほど、食欲旺盛な犬ではないですもんね。嫌なものなら、食べなくても平気なんでしょう。それより、ボール遊びの方が楽しいし(笑)。
そうそう、最近見たビデオで、レトリーバーとジャーマンシェパードのスパゲッティ早食い対決っていうビデオがありましたが、もちろん、レトリーバーの大勝利。3秒対3分でしたよ。爆笑です。

No title

lakmeさま>
なんですか!!そのシェパードとレトリバーのスパゲティ早食い対決って!!笑
レトリバーってラブですかそれともゴールデン?
まぁたぶんラブでしょうけど…。笑

ボーダーってそうなんですか?
私が見ているボーダーブログのワンコさん達はみんな食いしん坊ですけどねぇ。笑 やっぱり育てる環境や個体にもよるんでしょうね。

ヱビスはそんなに食に対して欲が強くないですが、冬になると2割増しますよ。笑 最近はご飯の催促されますもの。笑
でもそれでも食べなかったんで、あれはよっぽど気に入らなかったのでしょう。笑
お嬢さんも食に対しては慎重派なんですね。
善意でおやつをくれているのに食べないっていうのもなんかカイヌシ的にちょっと心苦しかったりしますよね。苦笑
ヱビスはそういうシチュエーションにであった事はあまりないのですが、近所のおじいさんがほいっと余った半分のバケットをくれた事があって…。苦笑
もちろん見向きもしませんでしたよ。笑 ごめんなさいおじいさん、それはさすがにヱビスは食べません…。

確かに、ボール遊び>ご飯ですね。笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: