充実の土曜日。

※写真はアジお試しに参加だったお友達です。


土曜日はスクールの日。

スクール自体は14時半からでまずは初級しつけのクラス。15時半から中級クラス。
16時半からアジリティーです。

そして、それとは別で土曜日は、親分が去年から始めている、養蜂講座が今年もシーズンになってきまして、親分は14時半から養蜂講座。

親分の養蜂講座とスクールは割と近いので、いっしょに出て、私はスクール待機。
でも今日はお天気が良かったので、15時半までスクール近辺を散歩しました〜。

P1170889_convert_20150426034717.jpg
パピーボーダー、トライのジェスターちゃん。

からの、brevet準備クラス。

まぁ内容はほぼ前回と同様。
1週間で特に成長するわけでもなく。。。苦笑 変わらない感じでした。やはり課題は脚側の完成度ですね。

そして、今回は先生が他に何かやってみたいことある??
との、質問があり「持ってこい」はどうでしょう?と提案してみました。

私以外の人達はもちろんやったことがなかったようですが、レッスン時間の制限もありましたので、先生から要領だけ説明を受け宿題というような形になりました。

P1170892_convert_20150427022134.jpg
ゑびすと仲良し、シェルティのフルティーヌちゃん。

クラス終了後に個人的に先生に、「実は私は家で練習しているのですが、見てもらえないでしょうか?」と聞きまして、ゑびすの「持ってこい」を見てもらいました。
スクールで先生に見てもらったのはもちろん初めてです。

「完璧」

とのお言葉頂きました!!
そして、練習で持ったまま脚側したりお座り、伏せなどもやっていますが、どうでしょう?と聞いてみたところ、とてもいい練習内容なのでそのまま続けてみてくださいとアドバイスもらいました。
脚側についても、アドバイスをもらいましたが。。。まぁ脚側に関してはゑびすの性格も踏まえてこれからもあの手この手で色々と試していきたいと思いますね。

P1170896_convert_20150426034940.jpg
ホワイトシェパードの。。。お名前失念。女の子です。

その後、先生夫婦とも、おしゃべりなどしていたのですが(今日のクラスは別のトレーナーさんだったので)、今の所、brevet準備クラスではゑびすは頭一つ抜けていて、とてもいいよ〜と褒めていただきました。
試験受験も手続きをちゃんと取って現実的に前向きにやっていこうと話しました。

※実はbrevet受験には色々と手続きが必要で、市役所に提出したりとかなんだとか。。さらにこのスクールの先生夫婦がそれに関してのライセンスを持っていらっしゃらないので、ライセンスのなんかだとかは他のスクールで特別に出してもらわないといけないのです。手続き準備だけで3ヶ月くらいは必要なんだそうです。
ただ、ゑびすをお泊まりに預けている所が、そのライセンスを持っているそうなので、話は早そうですが。


こうなってくるとこちらもやる気が出てきますねー。

P1170905_convert_20150427022402.jpg
女の子に囲まれてウハウハのゑびす。笑

がんばろっと。


そして、土曜日はそこからさらにアジ練。

P1170883_convert_20150427021846.jpg

ゑびす、今日はてんこ盛りです。笑

でも先生が、事もあろうか、ハードル用のバーの留め金を持ってくるのを忘れてしまってまして。。。苦笑
スラロームくらいしか練習ができませんでした。笑

P1170906_convert_20150427022506.jpg

そういう事もあり、土曜日のアジはやってみたい人お試し〜みたいになってしまって、うちはスラの入りの確認を何本かさせてもらって退散したのでした。

P1170908_convert_20150427022622.jpg

午後、目一杯だったゑびす。

日曜日の午前中まで疲れを引きずっているようでした。笑
頭も体も使って、お疲れさまでした!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: