les pyrénées 2015 〜お仕事編〜



ペットを取り巻く環境について考えてみる運動を展開中!!


まず、今日はちょっと登場人物の説明をしておきます。
最後になってするのもなんですけど。苦笑

牛飼いさん>
お友達とはいえ50代半ばの半野人のおっさんです。笑
このお友達は4月半ばあたりから10月頭あたりまで、数件の牧場から牛を預かり山での放牧を管理するのが仕事です。
決して自分で牛を持っているわけではありません。
ちなみにモンゴル式テントに暮らすのは7、8、9月で、他の月はもう少し下界にある、山小屋で生活しています。
冬の間は若い頃こそスキー場などで仕事をしていたらしいのですが、最近はのんびりと彼女のお家であれこれしたり、3、4ヶ月間はキャンピングカーで物価の安い、モロッコやスペイン、ポルトガルに渡って放浪の生活してます。笑

夏こそ色んな人が山には登ってくるけれど、それまで、それ以降は山の中でひとりぼっちですからね〜大変といえば大変な生活ですが、それなりに楽しんでいらっしゃるようです。

現在所有のわんこはおらず、この夏はレンタルでバロメータちゃんとバイヤちゃん。

P1190044_convert_20150720205449.jpg

姉御パパラッチ。うたた寝中の牛飼いさん。Tシャツの「BOSSEUR」とは働き者の意。笑

馬飼いさん>
この方は私らと同年代ですが、別に友達ではありません。笑
下界で農場兼乗馬クラブをされていて、夏休みはその生徒さんを募って4、5日馬に乗って山歩きするというツアーをされてまして、そのツアーの中で、一つの拠点として毎度牛飼いさんが生活しているモンゴル式テントに顔を出されるのです。
この方所有のわんこが、バロメータちゃんとパストゥールくんです。

麓の友達>
山の麓の街に住むお友達で、山に入る前、降りた時にお世話になるおうちです。
この人も友達とはいうものの50代半ば。
この人はプロの釣りのガイドさんで、夏休みは子供達を募り、モンゴル式テントの近くにテントを張って、子供達を釣りに連れていくのが仕事です。
実はうちの旦那が16歳の頃にそれに参加して以来のおつきあいなのです。

セッター、ハルクの飼い主さん>
セッター、ハルクくんの飼い主さんは釣りのガイドさんの助手です。

だいたい、このメンバーが夏の間によく、集まるのです。
そして週末となれば、それぞれのパートナーや子供とか友達とかも登ってきて、わいわいとにぎやかになるのですよ。

とはいえ、言っときますけど、基本的に電気もガスも水もトイレも風呂もないがち自然の中です。

でも、友達の住むモンゴル式の中にはちょっとしたプロパンガスがあり、数年前には小さなソーラーパネルを設置して電気も少しならありますが。
水は湧き水から、トイレは大自然の中で。笑 お風呂は湖で水浴びです!!
調理は火を起こしてバーベキュー。
コーヒーとかパスタ茹でたりはガスコンロで。笑

私たちはそのモンゴル式テントの横にテントを張って滞在してます。 


さて、私たちはその滞在中、牛飼いの友達のお手伝いや邪魔にならない程度にお仕事についていくのが常になっています。
あと。もちろんご飯担当。笑

例えば、寒くなった時にストーブを焚くよう(モンゴル式テントにはストーブがついてます)の薪を調達するために、倒れた木を切り崩して、さらに割るとか。

ゑびすの後ろに人影が写ってますけど決して怪しいものではなく、今年一緒に登った旦那の甥っ子です。
P1180921_convert_20150720210812.jpg これなんかどう?

薪割り親分ハルク風味。笑

ハルクHULK→3715497-1345830677-Hulk-.jpg


P1190051_convert_20150720205613.jpg

もちろん、主なお仕事としては牛の管理です。
どこにどのグループがいるかをだいたい把握しておかなければなりませんし、出産、怪我、死亡の確認などがあります。
これはひたすら山の中を歩き回ることになりますね。
それに私たちはハイキング目的で付いていきます。

P1190018_convert_20150720205311.jpg

今年は死んでしまった子がいるとの通報を受けて、確認に行きました。(山歩きしている人や、山のパトロール隊員の方などから情報が入ることもあるのです)

んで、たまに牛を移動させたい時にバロメータちゃん稼働。

P1190106_convert_20150720210020.jpg

今年はなんと、ゑびすちょっとだけお仕事に参加してみました。笑
いや、もうほんとちょっとだけど。。。笑

[広告] VPS


後ろがゑびすで前がバロメータちゃん。
本当はビデオを撮る前からずっと追っていたんですけど、セットするのが遅れました。涙
ブレもすごいし。。。苦笑
途中、止まったのは俺どうしよう?ってちょっと指示待ちしちゃったんですね。
さらに追うように指示を出せば、たぶん追ったと思いますけど、そこは牛追いさんのお仕事範囲なので、王子はここで撤退となりました。笑


去年まではちょっとびびって牛さんにはあまり近づけなかったんですけど、今年は吠え立てるようになったんです!
びっくりです!!
実は滞在中に彷徨っていた雄牛(群を作っているのは雌牛たちで雄牛は一人その群を渡り歩くのです)が、テントに近づいてきたんですけど、ゑびすがちゃんと吠え立てて追い払ってくれました。

P1190108_convert_20150720210215.jpg 追っちゃう?

おぉ頼もしい!!
もう王子なんて呼ばせない!!笑

でも調子に乗って、追わなくていい牛まで追ったりしてたけど。笑

P1180896_convert_20150720205056.jpg

バロメータちゃんがいい先生になってくれたようで、ゑびすもお山でちょっと使える子になった今年です。

P1190115_convert_20150720210402.jpg オデン兄貴のエスプリを感じる。。。

その姿をみて、牛飼いのお友達がどうもゑびすにオデン君が重なってしまうようで、さすがに動いてる時は違うけど、テントの中で寛いでる時など、思わず声をかけそうになると言ってました。
今まであまり意識してなかったんですけど、改めてオデン君の写真を引っ張り出して見てみるとフレーズの入り具合とかが確かにゑびすと似ているんですよね。
体の大きさも同じくらいです。
私こそ、無意識のうちにオデン君の影を追っていたのかもしれないなぁと感じたのでした。

言葉では書き表せないんですけど、今年のゑびすは一味違いました。
これからまだまだ伸びる可能性を感じました。

ただ楽しいだけじゃないお山!!

スバラシイ。

また来年も行こうね⭐︎

P1190120_convert_20150720210538.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

羊だけじゃなくて牛もちゃんと追うんですね!
凄いですね、ボーダー。
ウチの安太郎が自転車やトラックを追うのも無理ないかも(笑)

なによりも・・・
薪割り親分ハルク風味・・
凄い迫力です、格闘家にしか見えません(^_^;)

No title

ひぃさま>
ボーダーはたぶん何でも追いますよ。笑

牛は頭が良いですし、ここに来てる子たちは長年夏はここで過ごしているので牛たち自身が要領もわかっていてたいして、手は掛からないんで、追うと言ってもそう大変ではなく、ただ後ろからちょっと吠え立てれば大概は牛が動いてくれます。
それに友達が「オデン(前のボーダー)のエスプリ」と言う犬笛。
友達が犬笛を吹けば、牛たちがやばいあいつ(オデン君)が来る!と察するようで、なんと犬笛で牛が動くという。笑
本当はもうオデンくんはいないんだけど。。。。
オデン君の偉業です。

なによりも親分いい味出してるでしょう?笑
なかなかいい写真が撮れたのでゑびすには関係ないけど載せちゃいました〜。笑
親分、日本にいた頃にはいろんな人にK−1に出れ!と言われていましたよ。笑

No title

お写真とても素敵ですね!(*^_^*)
日本では感じられない空気を味わえて凄く楽しいですー

ちょうど仕事が大変な時期でコメントできませんでしたが、ドックダンスの動画、最高でした!!ゆみ。さんもゑびす君も凄いです!!(*^_^*)
「すごいな~うちはまだまだだなぁ~頑張ろう~」って思いましたー

そうそう!フィンママも見ていて、ゆみ。さんの{サリュ―」のお声がすごく綺麗で素敵と言っていましたー(*^_^*)

No title

犬笛で牛が動くというのも凄いですね!

やっぱり・・何処かで見た事ある親分だと思ったら、
K-1に出ていた、Jérôme Le Bannerさんでしたか(笑)

No title

FINパパさま>
ありがとうございます!!
もちろん本当はもっともっとたくさん写真はあるんですけど、ブログでゑびす関係の写真となるとこんなもんです。笑
今年は天気も良くって、写真撮るのも楽しかったです!!

ドッグダンス。笑
すみませんお粗末さまで。。。笑
でもありがとうございます!!これからもがんばります!!
FINくんもママさんとがんばってくださいね!
ぜひダンスネタも載せてくださ〜い⭐︎

声?そうですか??
これまたありがとうございます。。苦笑
声が低くって。。。ちょっとおかまっぽいんですけど。。笑

No title

ひぃさま>
ジェローム レ バンナ?
私の中でジェロームは短髪金髪のイメージだったんで、この姿が親分とは結びつかなかったんですけど、今検索してみたら坊主だった時代もあったんですねぇ。。
っぽいかも?笑

牛さんたちは本当賢いのです。
10年近くオデンくんいよって調教されてますからね。
おかげさまで後進の子達のお仕事はそう大変ではないらしいです。笑
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: