ペットを売らないペットショップ。



ペットを取り巻く環境について考えて見る運動を展開中!!


※今日の写真は久しぶりにいい天気なお散歩で気持ち良さそうなゑびす。

P1210687_convert_20160309034317.jpg


今日はちょっと目に付いたニュースの話をば。。

久々の「ペットを取り巻く環境について考えて見る運動を展開中」カテゴリーの内容です。

もう目にした方もいらっしゃるかとは思いますが、昨日、今日と岡山県のペットショップ「chou chou(シュシュ)」さんの話題が目にとまりました。

このペットショップは2015年の1月にペットの生体販売をやめ、ボランティアで地元のNPO団体と協力しながら、その場所で里親探しをされています。

元々、お店の売り上げが生体販売よりもトリミングやフードの販売の割の方が多かったそうですが、思い切った取り組みだと思います。

P1210692_convert_20160309034433.jpg

詳しくはこちらをどうぞ。

ペットを売らないペットショップ

P1210696_convert_20160309034551.jpg


記事の中で責任者の方がおっしゃられている、「ペット販売に関して批判的な声も上がっているなかで、経営的な面からも、いずれは脱却しなければいけない時がくると思っていました」と、いう言葉。

業界の中でもそういうことを感じている人がちゃんといるんだ!と、ちょっと感動したのです。

それに、こうやって生体販売をしなくても、ペットショップは経営していけるという模範。

さらに、こういうニュースを一般的なニュースで伝えられていること。

ちょっと流れがやってきてる??と期待大。笑

もちろん、こういう問題はすぐに解決することではないとは思うのですけども、これは大きな一歩だな〜と感じました。

P1210697_convert_20160309034708.jpg

このお店。
生体販売をやめたことで、逆にそれを支持してくださる方の支援や応援で売り上げは伸びているとのこと。
さらに今回ニュースに取り上げられたことでさらに関心が高まっていると。

やっぱりね、もう最近では割と多くの人が店頭での生体販売に疑問を感じているのですよね。
もちろん!!まだまだ多数の人がペットを店頭で求めていることも事実です。

でもこういうニュースが一般の人の目にも留まるニュースに載るということはやっぱり大事だな〜と。

P1210705_convert_20160309034942.jpg

一人でも多くの人に店頭での生体販売に疑問を感じて欲しいですね。
みんなが店頭でペット(犬猫が主ですが。)を求めなくなったら、必然的にパピーミル的なブリーダーも淘汰されていくだろうし、競売システムも変わってくると思うのです。

もちろん。それだけで解決する問題ばかりではないのですけど、まずは店頭でペットを買い求めるという常識が変わってくれる事、大きな一歩だと思います。

こういうお店に頑張って欲しいし、一人でも多くの人に共感して欲しいし、一軒でも多く生体販売をやめるお店が増えてくれたらと思います。
そして、一匹でも多くのペット達が幸せになる事を切に願います。


P1210704_convert_20160309034823.jpg

ペットショップ chou chou (シュシュ)


もし、こういうニュースがすでに時代に乗り遅れていたらすみません。。。苦笑
でも、昨日今日で日本にいない私でも目に留まったニュースということで話題に取り上げさせて頂きました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: