カイカイ再来。



ペットを取り巻く環境について考えてみる運動を展開中!!


そう。この話題をじっくり書き留めておきたかったのです。

毎年出るゑびすのカイカイ症。と、勝手に名付けています。。
季節限定で春から夏はちょっとお休みからの秋。

今年は6月末の出始めの時にサクッと獣医さんへ。(毎年恒例カイカイ症。

そこで、抗生物質とエポクエルというステロイドではないアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎に特化したお薬を処方して頂き、サクッと良くなりました。(診察結果。

そして、9月末。
またしてもカイカイ。。というよりは手足の炎症と脱毛が見られ、酷くならないうちにと獣医さんへ。

前回と同じく、抗生物質とエポクエルを処方して頂きました。
そして、先生と色々とまたお話しもしました。

まぁね。獣医さんといえども、肌の状態を見ただけで何が原因で何の病気なのか特定するのは難しいと思います。
獣医さんって犬だけ見てるわけではないですし、皮膚病やアレルギーって人間だって特定が簡単ではない分野ですしね。
今回も先生と話していて、はっきりとこれが原因でこういう病名です!というのはもらえませんでした。
ちゃんと詳しく調べたいのなら、皮膚科専門の獣医さんを紹介してもいいとは言われたのですが、私的にゑびすの状態はそこまで酷いものとは思っていませんので、そこまでしなくてもいいかなぁと。

あとは、食物アレルギーの可能性もあるとは言われたのですが、これは私も旦那もイマイチ納得できず。。
と、いいますのもゑびすのカイカイは季節限定ですのでね。
食物アレルギーなら一年中出てもおかしくないのでは?という解釈です。

先生も食物アレルギーとまではいかないけれど、フードの見直しはして見たほうがいいかも?とのアドバイス。
(獣医さん的にはフランスでは一般的なロイヤルカナンとかプロプランの療法食を勧められます。)

なんとなく消化不良ではあったのですが、とりあえず、お薬服用。

で、現在ですが。。。(お薬服用は2週間でしたので、もう済んでいます)
このようになっています。。。

※自主規制しておりませんので悪しからず。。。苦笑

P1230660_convert_20161028023808.jpg

笑いこっちゃない早よ病院連れて行け!!とお叱りを受けてもしょうがないなーとは覚悟の上で写真も載せますし、私の考えも書き残しておきます。

見ての通り、お腹部分に湿疹ができています。(見えやすいように胸毛はかき分けておりますが、換毛期でだいぶ薄く放っています。)

が、今の所獣医さんには連れて行く予定はないです。
もうしばらく、私の方で様子を見たいのです。

と、いいますもの、約2週間前から、ゑびすの夜ご飯を手作り食に変えました。
朝はフードをあげていますが。

それが何か?といいますと、結局、ゑびすのこれは免疫力の問題ではなかろうか?と思っていまして。
手作り食にすると同じフードを与えるよりは免疫力を上げることも可能とのことですし、何が入っているかはっきり把握できるのでアレルギーの有無もわかりやすいかと。

もちろん、これ以上酷くなるようなら即連れて行くつもりです。

が、今の所、このように湿疹は出ていますが、本犬そう痒がることもなく、痛くもないようなのです。

とにかく、今は清潔にして、乾燥しないように保湿することを心がけて様子を見ています。

ちなみに手足の炎症はお薬が効いたようですっかりよくなりました。

そんなわけで、ゑびすの手足とお腹のカイカイは別々の原因によるものなんじゃなかろうか?と推測しております。
(もちろん飼い主の勝手な推測ですけど。)


先生が今回おっしゃっていたのは、ノミというよりはダニかも?と。

手の方はアカラスじゃないかな〜?と密かに私は疑っています。
が、もし、アカラスとしてもそう酷くはない方だなとは思いますが。(アカラス症

お腹はなんでしょうね〜?苦笑

アポクエルもあまり効きませんでしたし、抗生剤もあまり効かなかったようです。

ただ、今の所、良くもなっていませんが、悪くもなっていません。

P1230666_convert_20161028023942.jpg



そして、私が思うのが、いつも決まってこの時期というのは換毛期の季節です。
どうも、ゑびすの場合換毛期に免疫力や抵抗力が低下するのでは?と思っています。

普段はなんでもないようなことがこの時期だけ反応するのでは?と。

と、いうことはやはり食事の見直しを図って体質改善を目指してはどうかと。
まぁそこまではいかないにしても換毛期の始まる少し前から換毛期にかけての食事は見直したほうがいいかな〜と。

しかも今年は、夏にバイヤちゃんのお陰?で痩せてしまったゑびす。
実はなんと体重がまだ戻りません。

ゑびす的に(ラムが来たりで)何かと忙しくしていたので体重を増やす暇がなかったようなのです。

これは食事管理をしている、私にも責任があるなぁと。
冬に向かって自然と戻るだろうと勝手に思っていましたが(例年ならそうなので)あまり気にしていなかったのですが、やはり早めに食事を増やすなりして体重を戻してあげればよかったと反省しています。

よって、現在、もりもり逆ダイエット中です!!笑

ゑびすもとにかくお腹が空くらしく、いくらあげても足りない様子。。。苦笑
どんだけ飢えてるんだ!!って感じです。。

P1230668_convert_20161028024110.jpg


先にも書きました通り、患部の痒みや痛みはほとんどないようですし、本犬は至って元気です。
他に症状も見られませんし(食欲旺盛という以外。)、私の独断ではありますが、もうしばらく様子を見てみようと思います。

まぁ親分はハナっから気にしてないんですけどね。。。苦笑

確かに多少、私も神経質なとこあるんですけど。。

手作り食に関してはまた次回、詳しく書きたいと思います。

とりあえず、この週末はまた忙しいので、なんとしてもまだホヤホヤな話題のうちに記録として書き留めておきたかった内容です。


ゑびすの場合は先生もおっしゃっていましたが、手にしろお腹にしろ、原因が一つではなかろうとのことでした。
だた、もともとアトピーじゃないですが、肌が弱いみたいで、複数の原因が重なってこのような症状が出るのであろうとの見解でした。

複数の原因とは天候だったり、換毛期だったり、のみやダニ、ストレスect。。。


兎にも角にも焦らずじっくり向き合ってしっかり治していけたら思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゑびすくん、カイカイが出ちゃいましたかぁ〜。
でもカユミが治まったのはいいことです。
私も免疫力アップに賛成です。
ブランもそうでしたが、免疫力が落ちることで様々な病気が
次々と出て来るので、ずっと手作り食でした。
食材によっては季節外れで入手しにくいものもありましたが
毛艶とか毛量、肌の調子もかなり改善しました。
病院でもらうお薬は一時的には効果がありますが
常用できず副作用とかもあり、わんこへの負担を考えると
長く続けられて負担のないもの・・・イコール手作り食でした。
ゑびすくんの手作り食、どんなのか気になります♪

No title

カロン母さま>
出ちゃいましたね〜。。。苦笑
そうなんですよね。お薬で一時的には改善するのですが、結局やっぱりまた出るのですよ。。
先生からも6月に処方してまた9月というのは頻度的に良くないとは言われたのですよ。
もちろん食事だけが原因ではないとは思っていますが、ゑびすの免疫力を高めてあげなくてはいけないな。。と感じています。
だからと言って療法食には気が引けて。。。苦笑
勝手な飼い主なのかもしれませんが、本犬はそこまでかゆいとか痛いがないので、ここは手作りにしてみようかと現在奮闘中です!!
ブランちゃんも手作りご飯でしたね!
そうですか〜やはりお肌の調子などは改善しましたか!!
私も頑張ってゑびすの皮膚炎改善していけたらと思います!!
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: