やはり獣医さんへ。



ペットを取り巻く環境について考えてみる運動を展開中!!


怒涛の週末を終え、やっと生きた心地がしている姉御です。
この週末は今年の上半期繁忙期の中で一番忙しい週末でした。。。
特に、私の担当部分が多くて、肉体的よりも精神的にキリキリしておりました。。苦笑

P1250596_convert_20170606032728.jpg

そんな中、ゑびすのケアも私なりに頑張ってはいたのですが、クリームを塗っても塗った箇所は回復傾向にあっても、また別の箇所に発疹ができたりで、30gのクリームを使い切ったところで、もうこれ以上は無理。。。と思って土曜日の朝一で獣医さんに電話をしたらその日に診てもらえることになったので、親分はいなかったので義母にお願いして連れて行きました。@車を持ってない姉御。。。

ちなみに、こちらでは獣医さん(人間の全てのお医者さんにおいても)完全予約制なので、緊急の場合を除いてはすぐというのはあまりないのです。
今回も次週(今週ですね)の頭に予約が取れればと思って電話したのですが、その日に診てもらえてラッキーでした。


まっもちろん、何か新しいことがわかるというわけでもなく、いつものカイカイが出た時に処方してもらうお薬をもらいに行ったという感じなのですが、また色々と質問などしまして、先生とも話して毎年同じ時期に出る症状なので、やはり季節性のアレルギーの可能性が高そうだとのことで、一度専門医に見せてはどうか?と提案されました。

日本だと、獣医さんのところでそういった検査もすぐにしてもらえるようですが、こちらでは詳しい検査になると専門の獣医さんのところに行かねばならないようです。

もちろんうちのような田舎にはそんな専門医はいらっしゃらないので、大きな街まで行くことになります。

一応獣医さんに紹介して頂いた専門医さんに今度予約をとるつもりです。

予約を取ったらまた獣医さんに連絡すれば獣医さんの方から今までのカルテなどの情報は専門医さんの方にお知らせくださるとのことでした。

ちなみにフランスは今日(月曜日)は祝日でしたので、予約の電話は明日の予定です。

何に対してのアレルギーかはっきり判れば対処できることもあるかと思います。

他に治療方法もあるかもしれないので、専門医さんに診せてみた方がもういいかなぁと。

毎年毎年繰り返してますし、微妙に毎年症状の出方も違っていて気になりますし。

ちなみに、ゑびすの後ろ足の内側と膝部分が結構ハゲ来ちゃってるんですよね〜。苦笑
最初はカミカミして毛がなくなってるのかと思っていたのですが、どうやらそれだけではなく、アレルギー反応?で抜けてる様子。

P1250608_convert_20170606033355.jpg

こういう角度でしかはっきり見えないので、普通に生活しているぶんにはハゲていることに誰も気づかない程度なんですけどね。

はい。まぁそんなわけでいつものお薬「アポクエル」→薬の詳しい説明はこちらをどうぞ。アポキル錠最初に獣医関係者ですか?と出ますが、「Yes」にしないとサイトを見れませんので、見たい方は「Yes」を。(苦笑)

P1250588_convert_20170606032320.jpg

併せて抗生物質も処方されましたが。。。苦笑

早速土曜日の夜の食事に混ぜて与えたら、夜中に仕事から帰ってきて会った時にはもうすでにほとんど掻かなくなってました。

効果覿面。アポクエルさまさまです。

3日目の今日はもうすっかり嘘のように皮膚の状態も良くなり、掻くこともなくなり、何よりも超ハイテンション。笑

症状が出ている時も決して元気がない。。ということはありませんでしたが、症状がなくなってからのこのハイテンションはやはり痒みから解放されたからなんだろうなーと察します。

やっぱり言っても痒くて精神的にも多少なりともダメージはあったんでしょう。

と、良くなったのを見ると思いますね。

P1250597_convert_20170606032901.jpg


ちなみにアポクエルはアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎アレルギー性皮膚炎に特化したお薬です。

これが効果覿面ということはやはり何かのアレルギーという可能性は高いですね。

でも実は去年の10月にカイカイでこのアポクエルを処方してもらった時はあまり効かなかったのですよ。。苦笑
去年の6月に処方してもらった時はよく効いたのですが。

アレルギーが土台にあっての他の皮膚炎が出たりもするのでしょうね。きっと。。

詳しいことは専門医さんに色々聞いて見たいと思います。

P1250601_convert_20170606033036.jpg

でもまたもちろん食事のことも聞かれるだろうなー。苦笑
私は自信を持って手作り食をしているつもりですが、獣医さんに突っ込まれると自信がなくなるんですよね。。。苦笑
手作り食を推奨している獣医さんなら良いのですが、そうでない方だと、大手の療法食を勧められるますしね。。
確かに手作りしていろんなものを食べさせていたら、食物アレルギーの特定は難しいのでしょうね、きっと。

怒られないようにがんばろー。笑
色々、聞かれてもきちんと答えられるように、自分の考えとかをしっかり頭の中でまとめておこうと思います!


P1250606_convert_20170606033205.jpg



ちなみに!!
獣医さんといえば、もちろん体重測定!!笑

地味に頑張ってきたデブエットですが、やっと目標体重に達しました!

P1250591_convert_20170606032604.jpg


今回20kgジャストでした。

これを維持できるようこれからも食事に気をつけていきたいと思います⭐︎
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

薬の効果、やはり凄いですね。
即効性には私もブランの時に驚いたものです。
でも、薬に耐性ができないかとか、肝臓の数値の上昇とか
色々気になることも多くて・・・
私もなんとか手作り食とサプリで改善できないか
日々悩んでいました。

でも専門医に診てもらって原因が特定できれば嬉しいですよね。
そしてそのドクターが手作り食肯定派でありますように♪

ゑびすくん、ゆみ。さん、がんばれ〜

No title

ブラン母さま>
やはり合った薬の効果は絶大ですね。
本当一発で治りますもの。
でも、原因が分からなければ、薬の服用が終われば、また再発するんだと思います。
そう酷くはないと、思っていたんですけど、やはり禿げると心が痛みますね。。涙
随分かゆい思いさせちゃったんだなーと反省しています。

原因究明をして、何とか薬に頼らず、再発を防げたらいいなと思います。
頑張りまーす!ありがとうございます⭐︎
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: