どうしてそうなった?



ペットを取り巻く環境について考えて見る運動を展開中!!


日曜日のお昼は近所のお友達のところへ家族でお呼ばれをしてまして、ゑびすは一人お留守番でした。

まっ特に珍しいことでもなく、たまにあることです。
今日はお天気も良かったので、肘ナメナメ防止にTシャツを着せて、お庭に放牧でお留守番よろしくね〜とみんなで家を出たのが12時半くらい。

人間たちはうまうまを楽しんでいる時、夕方4時くらいでしょうか?
天気予報通りちょっとした通り雨ならぬ、通り雷雨。
でも大したことはなく、雨も地面がちょっと湿ったくらいのもので、ゑびすは雷を怖がることもないし、例の外用のベッドが置いてある場所は屋根付きのテラスの下なので、特に心配することもないだろうと。

そして夕方5時過ぎに帰宅しましたら、おかえり〜といつものようにお迎えしてくれまして。

ボーダーあるある?でTシャツが背中までまためくれてるな〜と思いながらも、徐々に近づいてくるゑびすに違和感あり。
なんかTシャツのめくれ方が激しくないか?

と、思ったら。。

DSC_0347_convert_20170828011137.jpg


がっつり破れとるやないっ!!

そして袖!

DSC_0348_convert_20170828011302.jpg


どこで遊んできたの??笑

と、いうか、どうしてそうなった?

お留守番中に何があった??笑

DSC_0349_convert_20170828011343.jpg ん?特に何も。。


ゑびすも特に変わった様子はなく、雷怖かった〜とか一人寂しかった〜とかのアピールなどもなく普段通りの様子。

ただ、激しくTシャツが破れてて、せっかくの一張羅が台無し。
もう修復の可能性もない感じで、怒る気ももちろんなく、ただただどうしてそうなった?と思うばかりの姉御。笑

とりあえず、ゑびすに怪我などはなく様子も普段通りなので何かの拍子に庭にある木のどこかに引っ掛けて無理に引っ張ったのだろうな。。。

で、疑わしいのが、ここ。

DSC_0351_convert_20170828011502.jpg

椿が植えてある花壇のとこ。

暑い日はなぜかここに涼を求めてかるーく砂利をうまいこと避けて冷たい土の上に寝ることがある、ゑびす。
さらに私は目撃したことがないのだけれども、親分は一度、さらに花壇に登って椿の横で涼んでたゑびすを見たことがあるらしく、たぶん、今日もここ最近にしては暑かったので、涼を求めてここで何かしたんだろうなと。

この袖の土のつき方からして、うちの庭は他のところは芝が砂利ですし、もしくはテラスなので、こんなに土がつくのはやはりここかなと。

しっかしまぁ派手に破ってくれたな〜。笑

2枚しかない袖付きTシャツのうちの1枚だから、もちろん残りは1枚。

引っ越す前にこの前一緒にゑびすの服を作った友達のところでもう1枚作らないとなぁ。。

と、楽しみを増やしてくれた今日のゑびすです。笑


でも、この柄気に入ってたから残念だ。。。@ハラダブランドでした。。。涙
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どした?なして?

はて?さて?どうしたら、そうなるか(笑)
お見事な裂け方(;´Д`)

怪我がなくて良かったです・・・
お留守も、怖いですね~(;´Д`A ```

ハラダブランドでしたか?!
でも、ゆみさんが作れるからーー!
楽しみが増えて良かったですね(笑)

No title

メルママさま>
いや、もう本当、どうしてそうなった??
の一言です。
背中の真ん中を中心に裂けてるので、やはり背中をどこかに引っ掛けてそのまま引っ張ったんでしょうね〜。
もちろん悪びれた様子もなく見事な破り方です。笑

とりあえず、引っ掻いたりしてなくてよかったです。
ハラダブランドだったんですよ。。。涙
残念です。
が、形あるものはいずれ壊れるものです。
仕方ないです。
でも、実はこれ、この後、リメイク?しましたよ。笑
次回のブログに載せます。笑
お楽しみに。。。。
プロフィール

ゆみ。

Author:ゆみ。
フランスのド田舎生活満喫中。
この度、念願のボーダーコリー♂を我が家に迎えることになりました。実家に犬はいたけど、自分で育てるのは初めて。
嬉しい反面不安も一杯。
とにかく、楽しく明るく、丈夫に育てていこうと思います!!

ゑびすの紹介
ゑびすは・・
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: